ミチさんとグループの皆さんのおかげ

M・Yさん(女性)イチフジ3Days2016年8月14-16日にご参加

ichifuji160814-01.jpg
最終日、快晴のもと、大砂走りを下る

こんばんは、イチフジでお世話になりましたYです。
昨日は、バスが出るまでお見送りくださってありがとうございました。
ご帰宅後、ひと息つけましたでしょうか。

ツアーでは最後まで、食欲なかったりでご迷惑おかけしました。
また、ミチさんミチさんとうるさかったのではないかなぁと反省です。
でもいろいろ教えていただいて、登山経験の少ない私が無事富士山に登れて、霧中の登山もお鉢巡りも御来光も砂走りもすべて楽しく経験できたのはミチさんと、グループの皆さんのおかげです。
心から、ありがとうございます。

本当に、ぜいたくに富士山を満喫した3日間でした。

また富士山に行くことばかり考えています<A・Tさん(女性)>

お名前:  A・Tさん(女性)

イチフジ3Days にご参加

ガイド日程:2015/7/26-28

P1170123.jpg
森を抜けて、宝永火口のふちへ

DSC_0085.jpg
6合目山小屋からの夕景

DSC_0118.jpg
2日目、宝永山から上がるご来光

 

富士山から帰ってもう一週間が経とうとしています。

この一週間、秋に宝永山~お花畑のハイキングがしたいな、宝永山の火口の中の道を歩きたいな、来年はウミフジをしたいなと、また富士山に行くことばかり考えています。
それくらい、今回のイチフジ3Daysは楽しく素敵な旅でした。

初めての富士登山がイチフジで、山小屋に泊まるのも初めて。
行く前は不安もありましたが、野中さんのDVDを見て準備をしたりイメージトレーニングをしていたおかげと、野中さんまっちゃんの的確なアドバイスやお心遣いのおかげで、実際に登り始めてからは不安や心配事もなく順調な山行でした。

(一日目に持病?の緊張型頭痛が出てしまいましたが、二日目以降は首のストレッチを心がけ酷くなることはありませんでした。ストレッチは大切ですね!)

登っている最中は天候に恵まれ無事登頂することが出来て本当に嬉しかったです。
3日目の雲の中の大砂走りやお花畑も幻想的で、とても楽しく歩くことができました。
山はどんな天気でも素敵な面を見せてくれますね。

下山後は一刻も早く温泉に入って体をほぐす!というアドバイスに従って、御殿場で温泉(時之栖の気楽坊という温泉)に入ったおかげか酷い筋肉痛になることもなく、今に至っています。

天気に恵まれたおかげもありますが、こんなに充実して楽しい富士登山を体験出来たのは偏にLISのツアーのおかげだと思います。
野中さん、まっちゃん、ツアーに参加された皆さん、本当にお世話になりました。
またLISのツアーで富士山に登りたいです。

私の長年の夢が叶った瞬間です。<M・Nさん(女性)>

お名前:  M・Nさん(女性)

イチフジ3Days にご参加

ガイド日程:2015/7/26-28

DSC_0071.jpg
6合目山小屋からの夕景

P1170143.jpg
3日目下山前、砂走館で全員集合

 

登山経験もなくしかも68才という年令。
登山の半年前から始めた筋力トレーニング。
本当に富士山に登る事が出来るのだろうか?そう思いながらトレーニングしていました。
そんな時、みちさんにお電話しましたら「大丈夫ですよ」と言われ何かホッとし、頑張ろうと思いました。

でも正直、集合場所には「もしかしたら6合目で終わりかもしれない」そんな不安な気持ちで一杯でした。
ところが登り始めると、みちさんとまっちゃんの適切なアドバイスのお陰で6合目の宝永山荘に楽しみながら到着。
もしかしたら明日、登頂できるかもと思う位に元気な自分にびっくりしました。

2日目、高山病にも息苦しさも感じる事もなく、頂上手前では「まだ?」などと思いましたが、12時10分登頂に成功。
すぐに剣ケ峰で記念撮影しました。
最高のお天気でした。

私の長年の夢が叶った瞬間です。本当に嬉しかったです。
3日目の朝の御来光、素晴らしかったです。
涙が出そうでした。

みちさんに出会えて良かった。
このツアーだから登頂に成功し感動出来たと、本当に心から感謝しています。
そしてご一緒した仲間の皆様、お世話になりました。有難うございました。

快適な登山となりました<M・Iさん(男性)>

お名前:  M・Iさん(男性)

イチフジ3Days にご参加

ガイド日程:2015/7/26-28

DSC_0067.jpg
1合目付近の森にて

DSC_0125.jpg山頂で全員集合!

野中さん、お久しぶりです。
今年のイチフジに参加させていただいたIです。

行く前は、あれこれ心配しながら、準備に準備を重ねていましたが、人事を尽くして天命を待つとはこのことで、お天気にはとても恵まれ、体力的にも全く問題なく、3日間過ごすことができました。

一人で、丹沢でのトレーニングに励んでいた時は、ついオーバーペースになり、帰路では痛む膝を抱えて、すっかり疲れていましたが、今回の富士登山では、ガイドのお二人にしっかり前後をフォローしていただき、ゆっくりと周りの景色を楽しみながら、皆さんと一緒に歩むことができて、快適な登山となりました。

下山以降、このツアーがいかに優れているか、富士山が眺めるだけでなく、登っても素晴らしい山であることを、職場の同僚や友人たちに喧伝して周っています。

また、機会があれば参加したいと思います。
今度はもっと一杯写真を撮って、その素晴らしい証拠を残していきたい!

富士山のイメージがガラッと変わりました。<S・Sさん(女性)>

お名前:  S・Sさん(女性)

イチフジ3Days にご参加

ガイド日程:2014/7/27-29

DSC_6553.jpg
登頂を喜ぶSさん

P1120456.jpg
宝永山の稜線を歩く

みちさん

富士山は登るより見る方が素晴らしい!!という人が私の周りで多かったので、最初は機会が有れば行ってみよう位な感じだったのが正直なところでした。
今回みちさんのツアーに出逢って、富士山のイメージがガラッと変わりました。
富士山は登っても眺めても素晴らしいお山です!!

1日目から脱水状態となり、両膝がつるハプニングに見舞われたり例に漏れず頭痛に襲われたりしましたが、最後までご一緒させていただけたのも受け入れてくれた富士山とみちさん始め今回一緒に歩いてくださったメンバーさん皆のおかげです(*´-`)

富士山ほど登らせてもらってるという感じが他の山以上に大きい山は無いですね!!
下界に降りてもしばらく良い意味で心がザワザワしてました。

3日間この大きな力の中で自分自身と向き合う事が出来たのも私にとっては宝物です。
さすが日本一!!
富士山に行くなら大変だけど1合目から♪
来年も行きたいな~

71歳初めての富士山登山お世話になりました。<M・Sさん(女性)>

お名前:  M・Sさん(女性)

イチフジ3Days にご参加

ガイド日程:2014/7/27-29

DSC_6554.jpg
山頂の鳥居で記念撮影

DSC_1338.jpg
奥宮の前で全員集合

DSC_6587s.jpg
林床に咲くイケマ

ミチ様

71歳初めての富士山登山お世話になりました。
お陰様で、孫のMともども楽しい3日間有り難うございました。

goodタイミングの休憩・呼吸法・ウエアの調整・水分補給のアドバイスで高山病にもならず富士山を楽しめました。

富士山の自然にも豊富な知識で説明が分かり易く引き込まれました。
山小屋もゆったりで最高でした
(ツアーで行った人から互い違い寝ると聞いていたので)

富士登山事前講習会では実際のウエア等の相談・歩き方の講習があり、安心して富士登山にのぞめました。
富士登山DVDも、富士登山経験豊富なアドバイス(体調管理・事前準備等)があり、役に立ちました。

私にとってはどれも大切な情報でどれが欠けてクリア出来なかったと思っております。
レン様にも宜しくお伝え下さいませ。

機会が有れば又参加したいです。
その時は宜しくお願いします。

こちらのツアーならではの判断だったのではと感じました。<M・Hさん(女性)>

お名前:  M・Hさん(女性)

イチフジ3Days にご参加

ガイド日程:2014/7/27-29

DSC_6497.jpg
森林限界を抜けて雲の上へ

DSC_6528.jpg
2日目ご来光を浴びる

DSC_6581.jpg
3日目山小屋からのご来光

ノナカさん、レンさん、一緒に登った皆さま、3日間お世話になりました。

富士山には登ってみたい、でも登頂なんて登山経験も少なく体力に自信の無い私には絶対無理、高山病も心配だし...と思い、1合目から5合目くらいで軽くハイキングできるコースを調べていました。
そして今回参加させていただいたイチフジ3Daysに出会ったわけです。
お天気には恵まれましたね。

出発前日に富士山山頂の天気を調べたら2日目と3日目は悪天候の予報、さらに1日目の宿泊先の宝永山壮から見えた吊るし雲(でしたっけ?)、これからお天気がくずれる前兆と聞き少し心配でした。
でも結果3日間とも雨に降られることは無かったですね。
ご一緒した方と「みんなの日頃の行いの成果かもね~」とつぶやいていました。

今回参加したことで自分のことで気づいたことがあります。

「人の歩く速度にあわせるのが不得手なこと」
「ほかの人より足の運びが遅いこと」

最後尾についている機会が多く、歩き始めてしばらくすると、どうしてもグループから離れてしまいます。
今後の課題です...でも、大砂走りは「いままで猫かぶってた?」と言われるほど奇跡的に早く走れましたよ。
とにかく登頂できたのではこのツアーに参加できたからだと思っています。

歩き方、靴の履き方、レイヤリング、水分補給、栄養補給、高山病などなど...きめ細かいアドバイスありがとうございました。
2日目、富士宮コースを登山中、強風のため危険ということで、急きょ御殿場コースに変更されたのも、こちらのツアーならではの判断だったのではと感じました。
またご一緒させていただけると嬉しいです。

下山時の大砂走りでは、年齢を忘れて走ってしまいました。<H・Kさん>

お名前:  H・Kさん(男性)

イチフジ3Days にご参加

ガイド日程:2013/8/4-6

P1080596.jpg
1合目出発前の記念撮影

DSC_3394.jpg
最終日に7合目から見たご来光

野中様

千葉県のH・Kです。
8月4日~6日のイチフジ3Daysでお世話になりました。

富士山から戻って早2週間近くになります。
苔に覆われた山麓の森、シラビソの匂い、砂礫の斜面、山小屋のカレーライス、岩場の登り、頂上から見た雲海、突然の雨、ご来光、そして大砂走り、等々・・・。
楽しかった思い出に浸りながら、酷暑の毎日をしのいでいます。

富士山は、学生時代に、友人が登った話を聞いて以来、自分も是非登ってみたいと思っていました。
今回、思いが叶い、しかも、一合目から頂上まで登ることができ、とても幸せな気分です。
普段あまり運動しておらず体力面で不足の感があり、また、高山病の不安もありましたが、おかげさまで、体調を崩すことなく登頂でき、お鉢巡りまでできました。
下山時の大砂走りでは、年齢を忘れて走ってしまいました。

全行程を通じて細やかな心配りでガイドしてくださったみちさん、なおさんのお二人にあらためて感謝いたします。
また、同行の皆様にも親しくしていただき、とても楽しい三日間でした。
大変ありがとうございました。

2泊3日という時間の質の高さ<K・Eさん>

お名前:  K・Eさん(男性)

イチフジ3Days にご参加

ガイド日程:2013/8/4-6

P1080608.jpg
森林限界に近くに咲く
ヤマホタルブクロ

DSC_3353.jpg
最後尾を歩くKさん

P1080676.jpg
森から始まり森に帰る

富士山とは時間である。

まず富士山自体が持つ時間である。
山の形成という長大な時間を経て、現在の富士山の姿が存在する。
日本最高峰という高さや宝永火口・山頂火口といった活火山であることを思い浮かべやすいが、実は裾野には豊かな森が広がっている。
一合目から登ることによって味わえる醍醐味のひとつは、苔が生したミズナラの巨樹に象徴される、この自然を歩くことである。
このツアーに参加することによって富士山の自然的な側面を満喫することができた。

次に富士山を登る人々が持っている時間である。
3Daysに参加したため、複数のご家族とご一緒できた。
道中、それぞれの人生や想いとともに、世代について考えた。
人の横のつながりと縦のつながりである。
くしくも同行した3人の子どもは同じ年齢であった。
富士山の文化的な側面は人々がつくってきたと言える。
日本の、すなわち土地の人々がつくってきた「コト」の積み重ねが、人類全体の遺産に変わったことは何かのきっかけになるのではないかと考えている。
より普遍的な方向に変化し続けて行くことを望んでいる。

最後に富士山を登って降りるという登山行為の時間である。
2泊3日という時間の質の高さは、偏に野中氏の経験によって支えられている。
的確なコース・時間設定、どのような質問にも対応なさる豊富な知識・懐の深さは参加者に安心感を与える。
これは当たり前のようで決して当たり前なことではない。
登りと下りで全く変わらない姿勢に共感を覚える。
実際、下りも楽しい。
大砂走りやお花畑では登山行為というプロセス自体が楽しいものであることが実感できる。
丁寧に富士山を登りたい方には、このツアーをお勧めしたい。

到達したときの喜びはひとしおでした。<Wさんファミリー>

お名前:  Wさんファミリー
(お母さんと息子さん)

イチフジ3Days にご参加

ガイド日程:2013/8/4-6

P1080613.jpg
急登を進むDくん

P1080636.jpg
山腹から上がるご来光

P1080650.jpg
山頂での記念撮影

野中さん

先日は大変お世話になりました、Wです。
もうすでに二週間以上たってしまいましたが、まだ、感動は冷めやらず、です。
普段から頭痛もちのDは、心配したとおりに高山病っぽくなってしまいましたが、無事に登頂できたのは、ひとえに野中さんのツアーに参加できたおかげです。
もしも、よくある5合目からのツアーに参加していたとしたら、大人数での移動で、周囲にもっと気を遣って、きっと途中でリタイアしていたことと思います。
常に体調を気にかけてくれて、水分や栄養の補給を促してくれたり、呼吸の仕方も注意してくれたり、そんなサポートがあったからこそ、です。

日常は大都会で、普段の生活はまったく自然とはかけ離れています。
利便性、利益、スピード、を追及する、そんな雰囲気です。
それだけでは、人間壊れてしまうと私は思うので、日本を知る、自然と関わる、をテーマに今まで毎年夏、色々な場所へ母子旅行をしてきました。
今年は小学生最後の学年なので、もしかすると、母子旅行もこれで最後かもしれないと思い、私たちにとってはちょっと無謀かと思える目標でしたが、富士山を選びました。
せっかくだから、本当は海抜ゼロから、なんておもいましたが、あんまり欲張るのもどうか、と思い、一合目からの挑戦に絞り、ネット検索の結果、イチフジにたどり着きました。
期せずして今年世界遺産に登録され、ニュースを見た周囲には、「すごい混雑」で、人のおしりしか見えないとか、寝る場所もキュウキュウだとか、山小屋では水も売り切れている、などと、いろいろ心配され、私も心配しましたが、 その都度、メールで質問し、詳細に情報を返してくださったので、安心して参加することができました。
らくらく登頂、なんてことはまったく言えませんが、不安は一切なく、安心して登山をすることができました。
安心、安全が第一!です。
はっきり言って、思っていたよりもつらかったです。
つらかったですが、つらかったからこそ、到達したときの喜びはひとしおでした。
目にした景色の美しさも、澄んだ空気も素晴らしかったですが、特に印象に残っているのは、実は野中さんの後ろ姿です。
大きな荷物を背負って、小さな一歩をゆっくりと着実に運んでいく、道は険しくても、どんなに小さな一歩でも、前へ進めば、必ず目標に到達できる、それを教えてくれているようでした。
まるで、修行僧、もしくは仙人のようでした!
息子と時々、階段をのぼりながら、野中さんのマネをしています。
腕組みしながら、ゆっくりと一段ずつ踏みしめながら。
息子の中に、必ず何か素晴らしいものの種が植えつけられたと確信しています。
ご存じのとおり、超のんびり屋なので、いつ芽を出すかはお楽しみですが...

ほかの参加者の方々も、優しい方ばかりで、息子が足を止めてしまうときにも優しく声をかけてくださって、私たちが気を遣わないように、「自分たちも休みたかったから大丈夫」、「ゆっくり休もう」、などと言っていただいて、ほんとうにありがたかったです。
もしも機会があれば、よろしくお伝えください。
実は解散後、Yさんご家族と宿泊先でばったり会いました!
おかげで息子は一人さみしく入るはずだった温泉でも、しっかり楽しめたようです。
ほんとうに、有意義な夏休みを今年は過ごせました。
ありがとうございました!!!

きめ細やかなガイドのお陰だととても感謝しております。<Mさんファミリー>

お名前:  Mさんファミリー
(お母さんと娘さん)

イチフジ3Days にご参加

ガイド日程:2013/8/4-6

CIMG2856.jpg
森の中の休憩タイム

P1080295.jpg
ガイドの後ろを歩くWさん

P1080668.JPG
下山中に野生のシカにも会えました

野中さん
先日は大変お世話になりました。

下山翌日は富士急ハイランドで開園8時半から閉園21時まで遊び、その次の日に河口湖のいしころ館でアクセサリーを作ったり、噂の六角堂に行ったりと少し散策をして帰宅しました。

天候が悪く、ご来光は見れませんでしたが、頂上まで登れた感動と達成感を味わうことができました。
娘が山頂から投函した登山証明書と富士山登頂記録が先に自宅に届いていました。

『一度は登ってみたいな』で終わっていたかもしれない漠然とした夢。
それも一合目から登って再び一合目まで下山してくるという欲張りな富士登山を難なく楽しく叶える事ができた達成感に浸っていたところ、娘が「お鉢めぐりはいつ行ける?」と・・・
どうやら本気のようです(笑)

娘と二人での参加でしたがなんの問題もなく、また初めての本格的登山にも関わらず、娘にひとかけらのマイナス要因を残さずに富士登山を経験させてあげられたのは、野中さんとなおさんのペース配分を始め、きめ細やかなガイドのお陰だととても感謝しております。
LISのガイドツアーに参加させていただき本当に良かったです。
どうもありがとうございました。
なおさんにも宜しくお伝え下さい。

Kさん
山小屋の食事を残さずにきちんと食べられるか心配でしたが、自分で食べられる量をよそうことができたので大丈夫でした。
初めて6合目のトイレに入ったとき臭いが激しくて吐きそうになってトイレに行きたくないと思いましたが息を止めて入ればなんとか行くことができました。

浅間大社でおみくじを引いたら大吉で学問は「安心して勉学せよ」でした。イェイ!!!
ちなみに、出産は「安産順調に育つ」でした・・・?
大砂走りでは、一回も転ばずに走ることができましたが、つぎはジャンプやスキップに挑戦してみたいです。
とても楽しかったです。
どうもありがとうございました。

Wさん

あっという間に頂上に到着していて、なんだか夢のようでした。<H・Sさん(女性)>

お名前:  H・Sさん(女性)

イチフジ3Days にご参加

ガイド日程:2012/8/3~8/5

DSC_0773.JPG
森の倒木でクワガタを発見。

DSC_0844.JPG
一日目宿泊の宝永山荘前にて、夕暮れをバックに

P1030952.JPG
皆で剣ヶ峰(日本最高点)で記念撮影!

みちさん
先日はお世話になりました。

富士山から帰ってから1週間。
疲れは出たものの、筋肉痛も殆どなくすごせました。
ありがとうございました。

初めての富士登山で
しかも、10歳の娘と71歳の父と3人でさらに、一合目からの登山…

本当に大丈夫か?と思いながら当日を迎えましたが、無事にツアーの皆さんと登頂できて本当に嬉しかったです。

そもそもは父の「どうしても登りたい」の一言で始まった富士登山。
希望はお鉢めぐりでもなく、頂上ご来光でもなく
「確実に登頂すること」
それが一番難しいのでは?と思いながらツアーを探しました。

「一合目からなんて無理無理…」
とはじめはほかのツアーも検討していたのですが、一合目からの方が高山病になりにくいかもしれないとの言葉とHPでみちさんが語っていた「いつか登りたいという漠然とした想いを今に変える行動力ってすごいと思う」を聞いたとき、LISに決まりました。

それでも不安はあったので3人で6月の事前講習会にも参加させていただきそれぞれに体力づくりをしながら当日を迎えました。

漠然と自分の体力に不安があったことと、事前に富士登山経験者から8合目以上はキツイと聞かされていたので、自分は8合目でお留守番かなと思っていたのですが、途中の山小屋に着くたびに「あれ?もうついた?」「もう着いた??」であっという間に頂上に到着していて、なんだか夢のようでした。
みちさんの適切なペースと休憩のお陰です。
ありがとうございました。

頂上では疲れてぐずぐずしていた娘も下山しはじめたらどんどん体力も回復し、最終日は砂走りで大興奮!これが3日間で一番楽しかったようです。
「転んだのが一番面白かった!」と言ってました。

3日間かがやんさんを独り占めで登れて、本当に楽しい富士登山だったと思います。
最終日にはわがままを聞いていただき、双子山にも登らせていただいてありがとうございました。

父も念願かなって富士山に登頂できました。
3日間ともとても天気がよく、お鉢めぐりも出来てさらに富士登山駅伝の応援まで出来てとても喜んでいました。

3日間自由な父と娘を面倒見ていただきありがとうございました。
おかげさまで無事に登頂して帰ってこられました。

私は富士山でご来光、日没を観て自然の力を感じ「生かされてる」を実感できました。

初めての富士山でそんなことを考えていられたのもいろいろ全部みちさんにお任せで自分は登ることに専念できたからだと思います。

LISのツアーにして大正解でした。
(数あるツアーの中からLISを選んだ私はエライ!)

夢のような3日間だったのでやっぱりもう一回登ってみたいです。
次もまたよろしくお願いします。     

大きな大きな青い空を仰いで歩くのは最高の気分でした。<Y・Hさん(女性)>

お名前:   Y・Hさん(女性)

イチフジ3Days にご参加

ガイド日程:2011/08/3-5

P1000478.JPG
快晴の大砂走りで記念撮影!

P1000510.JPG
一面に広がるお花畑をゆく

IMG_3754.JPG
遠くにニホンジカの群れが見えました

 

IMG_3759.JPG
森の中で記念撮影

みちさん、お元気ですか?ご無沙汰しています。
楽しかったイチフジ3Daysに参加してから、早1ヶ月が経ちました。
初めての富士登山でしたが、みちさんの、1合目からの登山の楽しみ方に共感し、思い切ってこのツアーに参加したことについて、とてもよかったと思っています。

富士山は、登頂することも大きな目標でしたが、森の中を歩く楽しみもたくさんありました。
森の中はひんやりと気持ちよく、静けさや森の香りを体感しました。
倒木があったり芋虫を発見したり、溶岩がごろごろ転がっていたり、葉っぱを揉んで香りを嗅いだり、みちさんの解説(ちょっとクイズ形式)をまじえての森の観察は子供の自分にもどったような気がして楽しい時間でした。

森を出てからは、急傾斜の連続で息が上がり、一歩前だけを見つめながら前の人に続いてひたすら登りました。
なぜかというと、頭を上げて到達場所を見ると気がめげそうだったからです(苦笑)。
それだけに、宝永山を目の前にしたときは、HA~きれいだな~と思いました。
高山植物を見ていると、大きな火口に吸い込まれそうでした。
6合目で宿泊した宝永山荘で食べたミックスフライ定食はとてもおいしかったです。
山の上で、こんな豪華なものが食べれるのか、と驚きながら、疲れも忘れて平らげてしまいました。

翌朝、4時半頃起床しました。
まだ暗く、広大な雲海が広がっていました。
ご来光にご対面できるだろうか?
眠気眼でベンチにどっかり座り、ぼ~んやり雲海を眺めていたら、みるみるうちに白い雲海が変色してゆき、小山の頭が点点点と順番に黄色く色付いていく。
5時過ぎ頃、宝永山荘のお母さんが『もうすぐね~!』と声をかけてくださったら、本当に宝永山の背後からご来光がにじみ出てきた。
この時に撮った写真の中の皆の顔が、満面の笑みで写っているのを見た時、ご来光のエネルギーたるや、すごいと感動したものです。

6合目からは天気も良く、おやつの交換をしたり、鳥になった気分で写真を撮ったりしたことが印象に残っていて、初めて出会ったメンバーと仲良くとけこめたことがうれしかったですし、楽しかったです。

山の天気は本当に変わりやすく山頂に近づけば近づくほど霧が多くなり下界はまったく見えず、雨がちらつき寒かったですが、それだけに、日本最高峰剣ヶ峰に到達した時の喜びは、ひとしお深いものがありました。
雲間からほんの少し青い空が覗き見し、私達の登頂を歓迎しているように見えたのは気のせいでしょうか(笑)!

下山もまた、私にとっては楽しい道のりでした。
大雨が降り激しい風が吹く中、レインコートを着て下山するのは、身体は疲れていても心の中はウキウキでした。
眼鏡が雨に濡れ視界が悪くなる、というハプニングもありましたが、曇りの天気から1合目を出発し、雨、晴れ、霧とさまざまな山の顔に出会えたことは素晴らしいことだと思いました。

最後は、大砂走り!長い長い砂地に一歩一歩足を踏み入れ広大な景色を眺めながら、そして、大きな大きな青い空を仰いで歩くのは最高の気分でした。
砂の上に腰を下ろし、皆一緒にとった写真はとってもいい記念写真の1枚だと思います。
ゆっくりと高原を歩いて森の中に戻っていく時は、少しさびしい気持ちになりました。
3日間の登山ももう終わりなんだな~と思うと。
でも、偶然にもその時、みちさんの指の指す方に可愛らしい鹿たちを遠目にした時、そのさびしさは少し和らぎ、また、富士山に来たいなーと思いました。

みちさんの吹く口琴の音色はきれいでしたね。
森の中で聴く口琴は、また一層幻想的でもありました。
いつか機会があれば、私も吹いてみたいと思います。
突然のリクエストをきいてくださってありがとうございました。

短い間でしたが、とっても楽しかったですし、非常に充実した3日間を過ごすことができました。
家に帰ってからも、筋肉痛になることなく、これも、みちさんの歩き方に倣って歩いたからだと思っています。
できればまた、次の機会に参加できればと思っていますので、その時は、よろしくお願いします。
ありがとうございました。

⇒ ガイドツアー・講座の開催スケジュール・空き状況はこちら

 

 


ツアーに関するご相談、お問合せはこちら

 

  • 登山ガイドが教える初心者・入門者向けweb教室

登山動画、無料公開中!

初心者向け入門講座

スノートレッキング

雪山講習・ツアー

富士山ガイド・総合情報

プライベートガイド

八ヶ岳ガイドツアー

屋久島ガイドツアー

  • 決定版!富士登山を100倍楽しむ70の心得 登山ガイドが徹底解説DVD

”山登り”への想い

野中 径隆 のなかみちたか
(LIS代表・登山ガイド)

プロフィール
ブログ

サポート企業

LISの活動をご理解頂き、サポート頂いています。

  • パタゴニア

  • イワタニ・プリムス

著者

 

著者: 野中径隆
michi@natureguide-lis.com

 

リンク集