とても理解しやすかったです<Y・Sさん(女性)>

お名前:  Y・Sさん(女性)

山の歩き方講習会 にご参加

ガイド日程:2016/10/31

OI000049.jpg

予想以上の強風もまた野中さんや同行の方がいたお陰で、楽しいハプニングとなり「これも山登りの一つの姿だ!」などと楽しむことが出来ました。

正しい姿がどういう物か、自分はどうであるか違いがわかり、とても理解しやすかったです。
自分の歩く癖がしっかりわかり、体力、筋力をつけると共に、直していくべきところが見つかり、日々気にしていけるよう、頑張りたいと思います。

参加して本当に良かったです。
また、参加出来そうな講習会がありましたら申し込ませて頂きます。
ありがとうございました。

目からウロコの話がたくさんありました<K・Kさん(男性)>

お名前:  K・Kさん(男性)

山の歩き方講習会 にご参加

ガイド日程:2016/10/22

PA222511.jpg

山の歩き方講習会・双子山お世話になりました。

10代で山を初めて、仕事のため30~60まではほとんど山にはいきませんでした。
60過ぎて再開したのですがバランスが悪く、一から出直しのつもりで○○のスクールで1年間練習して、今年の夏はいよいよカメラをもって北アルプスと考えていた時、足の腫れが出て登山靴が履けずに5月から10月初めは全く登山ができませんでした。
結果として運動不足での極度の筋肉痛です。
でもおかげさまで膝痛はおきませんでした。
バテ気味で少し遅れましたが、また皆さんの足を引っ張る事もなく終了できました。

前のスクールでは顔を上げて歩けとの指示あっても、なぜ上げないといけないかの説明がありませんでした。
お陰様で目からウロコの話がたくさんありました。

65を超えて体力消費を最小限に押さえて、バランスよく歩ける力と柔軟性を付けたいと考えております。
色々とお世話になりました、今後ともよろしくお願いします。

筋肉痛もなく快適に過ごせることができました<M・Kさん(男性)>

お名前:  M・Kさん(男性)

山の歩き方講習会 にご参加

ガイド日程:2016/10/22

PA222513.jpg

先日は双子山で行われた「歩き方講習会」では大変お世話になりました。

次の週に教えて頂いた歩き方を忘れないよう、丹沢の大山に行ってきました。

今までですと、登山の翌日は脚や背中が筋肉痛になることが多かったですが、教えていただいた歩き方を実践したところ、次の日ほとんど筋肉痛もなく快適に過ごせることができました。

歩き方一つでこんなにも身体にかかる負担が違うのだなと改めて実感しました。

メカニズムが判明して大変勉強になりました<M・Mさん(女性)>

お名前:  M・Mさん(女性)

山の歩き方講習会 にご参加

ガイド日程:2016/10/22

PA222521.jpg

土曜日の歩き方講習ではお世話になりました。

常々、山屋の人たち共通の独特の歩き方が気になっており、後ろから見て真似して歩いたりしていましたがいまひとつ釈然としない。
(Yo!Yo!と歩く黒人ラッパーのイメージで、左右に揺れない感じ?とか、、)
そのメカニズムが判明して大変勉強になりました。

できれば、ひとりひとり、どのへんが悪いのかを指摘してしてもらえると、より嬉しかったです。
人数も多かったので仕方ないとは思いますが。

またの機会に参加します。
その際はよろしくお願いします。

ミチさんとグループの皆さんのおかげ

M・Yさん(女性)イチフジ3Days2016年8月14-16日にご参加

ichifuji160814-01.jpg
最終日、快晴のもと、大砂走りを下る

こんばんは、イチフジでお世話になりましたYです。
昨日は、バスが出るまでお見送りくださってありがとうございました。
ご帰宅後、ひと息つけましたでしょうか。

ツアーでは最後まで、食欲なかったりでご迷惑おかけしました。
また、ミチさんミチさんとうるさかったのではないかなぁと反省です。
でもいろいろ教えていただいて、登山経験の少ない私が無事富士山に登れて、霧中の登山もお鉢巡りも御来光も砂走りもすべて楽しく経験できたのはミチさんと、グループの皆さんのおかげです。
心から、ありがとうございます。

本当に、ぜいたくに富士山を満喫した3日間でした。

大変思い出に残る登山になりました。<N・Mさん(男性)>

お名前:  N・Mさん(男性)

【ユキフジ】残雪の富士山登頂 にご参加

ガイド日程:2016/5/7-8

P5085747.jpg
剣ヶ峰で記念撮影!
 

残雪期の富士登山のガイドをしていただき誠にありがとうございました。
私は雪山登山の経験が浅く、不安な気持ちも少しありましたが、みちさんの優しく、安心感のあるガイドのおかげで無事登頂することができました。

またテントでみんなで料理したのも楽しかったですし、寒い中食べる熱々のお鍋は格別でした。
大変思い出に残る登山になりました。
また今後もツアーに参加したいと思っています。

じゃがいも・ウインナーからのビールは最高でした!<S・Yさん(男性)>

お名前:  S・Yさん(男性)

西丹沢・沢登りツアー にご参加

ガイド日程:2015/10/31-11/1

PB012712.jpg
西丹沢・水ノ木沢へ

PA312686.jpg
落ち葉に彩られた渓

西丹沢・沢登りツアー、ありがとうございました。
 
途中に滝があったりと前回の沢歩き・源流体験ツアーの沖ビリ沢のナメとはまた雰囲気が違い、こちらの沢も大変楽しめました。
 
また紅葉・落ち葉と沢がよい具合に重なりきれいな景色を楽しめました!!
この景色を撮りたいと思うと、よいカメラが欲しくなりますね・・・(笑)
 
今回は2回目のタープ野営でしたので慣れてきた部分はありましたが、タープ設営、火起こしなどは何度も経験をしていかないと難しいなと感じました。
また予想以上に夜は冷え込んだので、服装についても大変勉強になりました。
 
前回も思いましたが、皆さんで火を囲んで食事をしたり会話したりするのはやはり楽しいですね!!
じゃがいも・ウインナーからのビールは最高でした!!
 
来年は真夏に泳げる沢をお願いします(笑)
それと魚を釣りたいですね!
 
今後とも、よろしくお願いします。

今もあの風景はまぶたに焼き付いています<N・Hさん(女性)>

お名前:  N・Hさん(女性)

南アルプス・北岳トレッキングツアー にご参加

ガイド日程:2015/10/3-5

PA041549.jpg
山麓の黄葉

PA041663.jpg北岳

PA041646.jpg
間ノ岳山頂にて

PA041670.jpg
北岳山荘から北西方面の夜空

今回北岳トレッキングツアーが2泊3日になったことにより、思い切って参加させていただきました。

ツアーに参加することを決めてから1か月。
自分なりにトレーニングをしたつもりでしたが、本当に大丈夫なのか少し心配でしたが、野中さん、直さんが常に一定のペースでリードして下さったおかげでつらい思いをすることなく、楽しく登山が出来ました。

今回は登頂することが目的、お天気や眺望は二の次と思っていましたが、2日目に素晴らしいお天気の中、北岳から間ノ岳の稜線を、鳳凰三山、八ヶ岳、仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳、そして富士山に見守られながら歩くことができ、今もあの風景はまぶたに焼き付いています。
おかげで登りたい山が一気に増えてしまいました。

そして、夜、寒い中山小屋の外に出て見た、満天の星。
あんなにきれいな天の川を見たのは初めてでした。

また、3日目の北岳登頂は、一転して秋のアルプス登山の厳しさを実感するものでした。
夜明け前の暗い中、ヘッドライトを頼りに、強風の中ツアーの最後尾を歩いていた私は、心細ささえ感じていましたが、あたりがだんだんと明るくなっていき、やがてご来光。
そして山頂へ。
短い時間でしたが、太陽のありがたさ、小さな一歩の積み重ねなど、さまざまなことを感じることが出来ました。
個人で行っていたら、山頂へは登頂できていなかったと思います。

当初初対面の方ばかりだったツアーも2泊3日を一緒に山で過ごすうちに、お互い励ましあい、思いやり、ファミリーのような連帯感が生まれました。
それもLISのツアーならではです。

登りより、下りが苦手な私は、北岳山頂からの1600メートル続く下りが不安でした。
しかし、結果として最後まで自分でも驚くくらい元気に歩くことが出来ました。
1日目からの歩き方、休憩の取り方、ウエアリングなど小さなこと1つずつの積み重ねがあってのことと実感できました。

こうして私にとっては挑戦だった北岳も野中さん、直さん両ガイドのおかげで楽しく登ることが出来ました。
ありがとうございました。

また、次の目標に向かって、楽しみつつ、レベルアップできるよう頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

天空の稜線はもう別世界<A・Mさん(女性)>

お名前:  A・Mさん(女性)

南アルプス・北岳トレッキングツアー にご参加

ガイド日程:2015/10/3-5

PA041580.jpg
富士山をバックに

PA041600.jpg
天空の稜線をゆく

PA051676.jpg
北岳山頂目指して

あれから3ヶ月以上も過ぎていますが、北岳山頂に自分の足で立つ事が出来た感動は鮮明に覚えています。

参加を決意するまではかなり迷いました。
体力的な事、山小屋での宿泊が個室での経験しかない為、眠る事は無理だろうとの不安から、睡眠不足でのトレッキングが出来るのか、スケジュール表を見た時に、起床後の慌ただしさが予想され辛くないか等、とにかく「どうしようかな、でも行きたい、登りたい」と。
結果、登りたい気持ちの方が強く参加を決めました。

その後、ツアー当日まではワクワクして日々過ごしていました。

ツアー当日、北岳へ向けて歩き出すと、不安だった気持ちは何処かへ消えて、「絶対登る」と密かに決意してました。
途中のコースは変化に富んでいて、それまで登った山のどのコースよりも楽しかったです。

北岳から間ノ岳の、天空の稜線はもう別世界で、そこから見た絶景には息を呑みました。
何と表現したら良いのか分からないくらい感動しました。

北岳山荘の大部屋での宿泊は全く眠れず少々辛かったけど、それでも翌日無事に北岳山頂にたどり着く事が出来ホッとしました。

それにしても、山頂は寒かったですね
3日間のツアーを無事に終える事が出来ホッとしたのと同時に、山へ行く事の自信に繋がりました。

このツアーに参加出来た事に感謝しています。
参加者の皆さん、藤田さん、そして野中さん、本当に楽しい時間を有難うございます。

今までの山行でも1番かも<K・Oさん(女性)>

お名前:  K・Oさん(女性)

紅葉の涸沢トレッキングツアー にご参加

ガイド日程:2015/9/25-27

P9261267.jpg
景色を味わいながら涸沢へ

P9261323.jpg
北穂高岳と涸沢小屋

P9271425.jpg
横尾で見上げた星空

P9271433.jpg
参加者の皆さんと記念写真

写真ありがとうございました。
ひとり参加で行くと自分の写真は少なくなりがちなので(または無い)とても嬉しいです。
客観的に見て反省もしました。
下ばかり向いて歩いてる・・・とか。
また、星空の写真は自分ではうまく撮れないのでありがたいです。

もう12月ですが、いまだに涸沢の話を周囲にしてしまいます。
念願の場所に行けた純粋な嬉しさからだったり、少し難しいかも?と思っていた場所へ行けたことで自分に自信がついたから、とも思います。
みちさんのペース配分は絶妙で、決してラクラクではない行程の中、信頼して着いていけました。
自分でうまく配分するのはなかなか難しいです。

じつはみちさんのサイトを知る前に、同じ週末の別会社のツアー(天狗岳)に申し込んでいました。
みちさんのサイトを見て以来、「憧れの涸沢に行けるチャンスだ!」と頭から離れなくなり、数日悩んで、結局キャンセルして(少々出費も・・・)、こちらに申し込みし直したのでした。
その後、あずさの予約を取り直したり、会社を休む段取りをしたりなどバタバタしましたが、あの涸沢に行けると思うと、ワクワク楽しみがふくらむばかりでした。

横尾山荘の2段ベッドも個室感覚で快適でしたし(横尾泊は大正解ですね)
他の参加者のみなさんもベッタリした付き合いではなく、バランスの取れた方ばかりで、いやな思いはまったくすることなく、あっという間の3日間でした。

今年一番どころか、今までの山行でも1番かもと思えるほど印象深く残るものになりました。
他の素晴らしい場所もたくさん知っていきたいですが、涸沢へはこれからも行きたいと思います。
毎年通う場所にできたらとも、思います。
もっと力がついたら、涸沢を通ってその先の頂に挑戦したいな~と夢は大きくなる一方です(笑

そのためにもまずは日々の体力づくりは必要ですね。
コツコツ頑張ります。
これからもよろしくお願いします。

大変楽しいツアーと成りました<T・Uさん(男性)>

お名前:  T・Uさん(男性)

南アルプス・白峰三山縦走ツアー にご参加

ガイド日程:2015/8/12-14

shirane15-tu01.jpg
北岳目指して大樺沢を登る

shirane15-tu02.jpg
北岳山頂にて

shirane15-tu03.jpg
北岳山荘から見えた富士山

shirane15-tu05.jpg
稜線にて、チングルマの綿帽子

富士山と伯耆大山以外登った事のない私が還暦を過ぎて今回がアルプスデビューということで不安で一杯でしたが、ガイドの径さん、松ちゃん、それに10名の参加者の皆さんのお陰で大変楽しいツアーと成りました。
 
1日目は天候に恵まれ、大樺沢より鳳凰三山や甲斐駒ヶ岳も顔を出し日本第2位の北岳山頂に立つ事が出来、北岳山荘では富士山も見る事が出来ました。
 
2日目はAM3時出発の予定でしたが 大荒れの天候に成り、雨の中9時出発、日本第3位の間ノ岳登頂後、天気予報に反して天候が回復して農鳥小屋水場近くのお花畑も見る事が出来ました。
 
ネットの評判に反して、農鳥小屋の親爺さんは大変親切で我々のグループは誰一人怒られたりする者はいませんでした。(笑)
 
3日目はAM3時出発、霧と風の中をライトを頼りに西農鳥岳、農鳥岳に登頂し、大門沢小屋を経て無事、奈良田に下山。
女帝の湯に浸かり、下部温泉駅から帰宅しました。
 
ツアーの参加者の方は リスのツアーの常連さんのようで以前参加されたツアーの話等聞かせて頂き農鳥小屋では、缶ビール片手に宴会と成り長時間騒いでしまいました。
 
ガイドの径さん、松ちゃん、そして参加者の皆さん大変楽しい登山ありがとうございました。
 
また何処かでお会いできたらと思います。
是非またリスのツアーに参加させて頂きたいと思って居ります。
今後ともよろしくお願いします
ありがとうございました。
 
 

家族・友人はとても驚いていました<K・Mさん(女性)>

お名前:  K・Mさん(女性)

5合目からの富士山プライベートガイド にご参加

ガイド日程:2015/8/6-8

DSCF7173.jpg
山頂の鳥居をくぐる

DSCF7196.jpg
河口湖口6合目まで下山

 

野中様、藤田様

富士登山では大変お世話になりました。
お陰様で登山後、希望どおりに娘家族と一緒に河口湖の温泉を楽しむこともでき、うちに帰ってからも息子家族に登山の自慢話もできました。

家族・友人は、登山経験少ない私が登頂成功した上、頂上縦走して登り口と反対方向に下山したことにとても驚いていました。

友人の中には、富士登山途中で体力尽きて登頂を断念した話なども聞きまして、私はとても幸運だと思いました。

ガイドさんのおかげで登れたと深謝しております。
登る時の息の仕方から、歩き方、飲み物の種類、飲むタイミング、登山ウエア―の適切な身に着け方、リュックの使い方等など・・・こういうのを、「手取り、足取り」というのですね。
なにせ、リュックを担ぐなんて、この時、まだ2回目ですので、いろいろな接合部の付けはずしは、まるで知恵の輪並みでした。

富士宮口からの登りは大きな岩や石、の斜面、ひたすら登っていると、「雪渓ですよ。」と言うガイドさんの言葉かけ。
地面ばかり見ていた私は心も目も洗われ、「あの音は雷様です。私たちのいるところより下で鳴っていますよ。」
私はちょっと怖かったけれども、富士山の大自然を感じました。

富士スバルライン5合目への降りは、砂交じりの砂利道、教えられた通りに一生懸命歩きました。
風で褐色の砂ほこりが顔に、まるで、日焼けした色のお化粧のように着きました。
後で鏡を見て笑ってしまいました。

降りの6合目と5合目の中間ぐらいで力尽きそうになった時、ガイドさんが私の荷物をしょってくださいました。
申し訳ないと思いましたが、「身体を壊すと後が大変ですよ」との言葉に甘えました。
まだまだ書き足りないのですが、お陰様でとにかく楽しかったです。

帰ってからも、情景が思い出され一人でにっこりしています。
本当に、ありがとうございました。

7合目まででも充分楽しかった<S・Eさん(女性)>

お名前:  S・Eさん(女性)

5合目からの富士山プライベートガイド にご参加

ガイド日程:2015/8/2-4

P8020209.jpg
雲海の上で迎える朝

P8020211.jpg
夕空にあらわれた反薄明光線

 

富士登山、ありがとうございました。
無事に元気で帰ってこれて良かったです。
心底リスさんにガイドお願いしてて良かったと思います。

登山前から私の気持ちには余裕が無く、母を山で亡くすんじゃないかと不安でいっぱいでした。
松尾さんには本当に感謝の言葉しかないです。

母の足がつりだして歩けなくなった時は、もう登山は終わりだ下山しかない。と思いました。
でも松尾さんから翌日気分が悪くなければ6合目まで下りて宝永山散歩と6合目泊を提案していただいて少し気持ちが楽になりました。
翌朝はご来光を見に宝永山の淵まで歩けたし、6合目まで一度もつらずに下れたし
宝永山第一火口までも行けました。

普通の人には散歩程度なのでしょうが私達には立派な登山でした。
行く前より富士山が好きになりました。
6合目宝永山荘泊で宝永山火口散歩なら毎年行きたいくらいです。

おまけで3日目は随分早く下山した事もあり横浜千疋屋のピーチパフェを皆で食べて、伯父伯母にも会えました。
申し込んで半年間本当に連れて行くのか何度も悩みましたが思い切って行って良かったです。

7合目まででも充分楽しかったし富士山も風景も綺麗でした。
ありがとうございました。

星に一番近い所へ登っていくさまが、とてもロマンチックでした<N・Kさん(女性)>

お名前:  N・Kさん(女性)

イチフジ2Days にご参加

ガイド日程:2015/7/30-31

P1170203.jpg
頂上で参加者の皆さんと

P1170221.jpg
二ツ塚付近を下山中

Kです。
イチフジ登山ガイドありがとうございました。
初めての富士山で素晴らしい体験をさせていただきました。
 
あんなに長い時間登ったのに、正直登っている時のことはあまり記憶にないのですが、夜中の登山では、月より高く、星に一番近い所へ登っていくさまが、とてもロマンチックでした。
頂上手前で体力的に限界に近かったものの、野中さんに引っ張ってもらって、御来光も見られました。
 
何をやってもダメな私が今年こそ変わりたいと決意した富士山だったので、山頂に立つことができて、嬉し涙が出ました。
 
心配していた膝も、ゆっくり歩いてくださったおかげで激痛までにならず、砂走りでは子供に戻ったようにハイテンションでした。
道なき道を好きなように歩いた二ツ塚も、とても印象的です。
 
帰宅後、元気でピンピンしてるので、本当に富士山登って来たの?と聞かれたくらいです。
2日間を通して、辛かったという印象がなく、楽しかった記憶ばかりなのは、野中さん、松尾さんをはじめ、参加者皆さんのおかげだと感謝しています。
今後の人生の糧になる一生の思い出です。
 
本当にどうもありがとうございました。
今度は、家族で3日コースに挑戦したいです!
その時はどうぞよろしくお願いします。

驚きと感動の連続でした<K・Iさん(男性)>

お名前:  K・Iさん(男性)

イチフジ2Days にご参加

ガイド日程:2015/7/30-31

P1170200.jpg
頂上でご来光

P1170211.jpg
お鉢めぐりでのワンシーン

前略 先日は、イチフジ2Daysにおいて、懇切丁寧な御指導をいただき、誠にありがとうございました。

山登り初めて一年にも満たない者を頂上に導いて頂き本当にありがとうございます。

初めての高山・富士山・山小屋・夜間登山・大砂走りと初めてずくしで驚きと感動の連続でした。
残念ながら高山病でお鉢ち回りは出来ませんでしたが、山頂でご来光を見れて本当に感動しました。又松ちゃんさんにはお世話をおかけして申し訳ありませんでした。
本当にありがとうございました。

高山病に関しては医療関係者として自身がなった事も良い経験になったと思っております。

山登り始めた目標の一つ富士登山を一合目より出来た事を自身の誇りに思い、又このような有意義な時間を提供して頂きましたことに、心より感謝申し上げます。
この経験を糧にゆっくりと色々な山々にチャレンジしていきたいと思っている所存でございます。
  
末筆ながら、貴社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。

また富士山に行くことばかり考えています<A・Tさん(女性)>

お名前:  A・Tさん(女性)

イチフジ3Days にご参加

ガイド日程:2015/7/26-28

P1170123.jpg
森を抜けて、宝永火口のふちへ

DSC_0085.jpg
6合目山小屋からの夕景

DSC_0118.jpg
2日目、宝永山から上がるご来光

 

富士山から帰ってもう一週間が経とうとしています。

この一週間、秋に宝永山~お花畑のハイキングがしたいな、宝永山の火口の中の道を歩きたいな、来年はウミフジをしたいなと、また富士山に行くことばかり考えています。
それくらい、今回のイチフジ3Daysは楽しく素敵な旅でした。

初めての富士登山がイチフジで、山小屋に泊まるのも初めて。
行く前は不安もありましたが、野中さんのDVDを見て準備をしたりイメージトレーニングをしていたおかげと、野中さんまっちゃんの的確なアドバイスやお心遣いのおかげで、実際に登り始めてからは不安や心配事もなく順調な山行でした。

(一日目に持病?の緊張型頭痛が出てしまいましたが、二日目以降は首のストレッチを心がけ酷くなることはありませんでした。ストレッチは大切ですね!)

登っている最中は天候に恵まれ無事登頂することが出来て本当に嬉しかったです。
3日目の雲の中の大砂走りやお花畑も幻想的で、とても楽しく歩くことができました。
山はどんな天気でも素敵な面を見せてくれますね。

下山後は一刻も早く温泉に入って体をほぐす!というアドバイスに従って、御殿場で温泉(時之栖の気楽坊という温泉)に入ったおかげか酷い筋肉痛になることもなく、今に至っています。

天気に恵まれたおかげもありますが、こんなに充実して楽しい富士登山を体験出来たのは偏にLISのツアーのおかげだと思います。
野中さん、まっちゃん、ツアーに参加された皆さん、本当にお世話になりました。
またLISのツアーで富士山に登りたいです。

私の長年の夢が叶った瞬間です。<M・Nさん(女性)>

お名前:  M・Nさん(女性)

イチフジ3Days にご参加

ガイド日程:2015/7/26-28

DSC_0071.jpg
6合目山小屋からの夕景

P1170143.jpg
3日目下山前、砂走館で全員集合

 

登山経験もなくしかも68才という年令。
登山の半年前から始めた筋力トレーニング。
本当に富士山に登る事が出来るのだろうか?そう思いながらトレーニングしていました。
そんな時、みちさんにお電話しましたら「大丈夫ですよ」と言われ何かホッとし、頑張ろうと思いました。

でも正直、集合場所には「もしかしたら6合目で終わりかもしれない」そんな不安な気持ちで一杯でした。
ところが登り始めると、みちさんとまっちゃんの適切なアドバイスのお陰で6合目の宝永山荘に楽しみながら到着。
もしかしたら明日、登頂できるかもと思う位に元気な自分にびっくりしました。

2日目、高山病にも息苦しさも感じる事もなく、頂上手前では「まだ?」などと思いましたが、12時10分登頂に成功。
すぐに剣ケ峰で記念撮影しました。
最高のお天気でした。

私の長年の夢が叶った瞬間です。本当に嬉しかったです。
3日目の朝の御来光、素晴らしかったです。
涙が出そうでした。

みちさんに出会えて良かった。
このツアーだから登頂に成功し感動出来たと、本当に心から感謝しています。
そしてご一緒した仲間の皆様、お世話になりました。有難うございました。

快適な登山となりました<M・Iさん(男性)>

お名前:  M・Iさん(男性)

イチフジ3Days にご参加

ガイド日程:2015/7/26-28

DSC_0067.jpg
1合目付近の森にて

DSC_0125.jpg山頂で全員集合!

野中さん、お久しぶりです。
今年のイチフジに参加させていただいたIです。

行く前は、あれこれ心配しながら、準備に準備を重ねていましたが、人事を尽くして天命を待つとはこのことで、お天気にはとても恵まれ、体力的にも全く問題なく、3日間過ごすことができました。

一人で、丹沢でのトレーニングに励んでいた時は、ついオーバーペースになり、帰路では痛む膝を抱えて、すっかり疲れていましたが、今回の富士登山では、ガイドのお二人にしっかり前後をフォローしていただき、ゆっくりと周りの景色を楽しみながら、皆さんと一緒に歩むことができて、快適な登山となりました。

下山以降、このツアーがいかに優れているか、富士山が眺めるだけでなく、登っても素晴らしい山であることを、職場の同僚や友人たちに喧伝して周っています。

また、機会があれば参加したいと思います。
今度はもっと一杯写真を撮って、その素晴らしい証拠を残していきたい!

本当に良いお天気に恵まれ、景色は最高でした<Y・Hさん(女性)>

お名前:  Y・Hさん(女性)

【雪の北アルプス入門】残雪の蝶ヶ岳 にご参加

ガイド日程:2015/5/2-3

DSC_8838.jpg
蝶ヶ岳山頂にて
 

P1150503.jpg
窪地でミニ雪上講習
 

DSC_8823.jpg
頑張ったご褒美!槍穂高を望む
 

昨日、一昨日とめまぐるしい忙しさで、蝶ヶ岳の余韻に浸っている暇もありませんでした。
今になって写真を見て振り返っていたところです。

本当に良いお天気に恵まれ、景色は最高でした。
ぽっかり浮かんだ富士山に南アルプス、八ヶ岳と去年見えなかった山々も望めました。

ピッケルの使い方は、身体で覚えるのはなかなか難しいですし、とっさに出来るかどうかわかりませんが、意識して歩くのが大事なんだと思いました。
これも知ってるのと知らないのでは大違いですね。

一日目の登り、頂上までもう少しというところで少し頭が痛くなり、気持ちが悪くなってきて少々不安でしたが、なんとか登りきれてほっとしました。
二日目は、アイゼンを外してからの下りがちょっと怖くて緊張しましたがおもしろかったです。
もっと転んでみればよかったです。(^^ゞ

今回も沢山の事を教えていただき、ありがとうございました。
皆さんにも大きな迷惑をかけることなく行くことができ、ほっとしています。

準備の段階から野中さんには本当にお世話になり感謝しております。
お陰様で楽しい2日間でした。

絶景は忘れられません!<S・Yさん(男性)>

お名前:  S・Yさん(男性)

【ユキフジ】残雪の富士山登頂 にご参加

ガイド日程:2015/4/25-26

P1150293.jpg
雪の上で一晩を過ごす
 

P1150317.jpg
山頂からの絶景
 

P1150329.jpg
剣ヶ峰に向けてお鉢を歩く
 

残雪富士山のガイドありがとうございました。
2日間を通して大変貴重な経験が出来ました。
天気にも恵まれ、夜明け前の綺麗な夜景からはじまり、美しい日の出、剣ヶ峰・観測所上からの絶景は忘れられません!
また尻セードでの高速下山は楽しく、爽快でした!!
みちさんのツアーに参加して本当によかったです。
【ツアー参加を通して】
・斜度のある場所でのテント設置は予想以上に大変でした。
特に貼り綱の設置については、あるものを活用して上手く張ることが難しいと感じました。

・斜度のある面での登り(横ステップなど)と下りは大変よい経験となりました。
何度も反復して慣れていきたと思います。

・いろいろな場合を想定して滑落停止の練習をおこないましたが途中で混乱することも多くありました。
実際に滑落した際に対応できるよう、常に訓練をしていかないといけないと実感しました。
また今回は使うことはなかったですが耐風姿勢についても勉強になりました。

・アイゼンをはかない状態での雪上歩行や尻セード・グリセードなど雪上におけるバランスの取り方がまだまだ難しいです。
今後、経験を積んでいきたいと思います。

最後に今回は冬でしたが、次回はみちさんのツアーで夏の富士山に登ってみたいです。

9合5勺からの尻セードも楽しかったです<M・Yさん(男性)>

お名前:  M・Yさん(男性)

【ユキフジ】残雪の富士山登頂 にご参加

ガイド日程:2015/4/25-26

P1150296.jpg
朝陽に輝く雪面に影が伸びる
 

P1150297.jpg
天気に恵まれた2日間でした
 

先日は晴天にも恵まれ、本当によい登山が出来ました。
技術的に不安な要素もたくさんありましたが、体力的にも本当にきつかったです。
夏場の富士山の方が何倍もラクだと、登っている時に何度も思いました。

それでも、山頂に立った時のあの達成感は今でも心に残っております。
無事に行って帰ってこられたのも、野中さんやその他に参加された皆様のおかげだと感じております。

テントの食事も美味しかったですし、9合5勺からの尻セードも楽しかったです。
また機会があれば、参加させていただきます。
またお会いできるのを楽しみにしております。

素晴らしい眺望に恵まれただただ感動しっぱなしでした<M・Aさん(男性)>

お名前:  M・Aさん(男性)

【ユキフジ】残雪の富士山登頂 にご参加

ガイド日程:2015/4/25-26

P1150311.jpg
山頂の鳥居をくぐるAさん
 

P1150343.jpg
晴天に恵まれた2日間でした
 

先日は雪の富士山頂まで無事ガイドしていただきありがとうございました。
初めてのテント泊、不安でしたが 良いメンバーに恵まれて いろいろ教えて頂き、貴重な体験をすることができました。

当日は素晴らしい天気で 剣ケ峰まで登頂することが出来たうえ素晴らしい眺望に恵まれただただ感動しっぱなしでした。
無事 下山させていただき、皆んなで入った温泉 から見た富士山 !
ホッとしたのと 達成感で 感無量でした。

とにかく 良い人たちに恵まれた 2日間 素晴らしい登山でした。
皆様に感謝!感謝!です。
この経験を糧に山行を楽しみたいと思っております。
ありがとうございました。

少人数制で大変理解しやすかったです<J・Sさん(男性)>

お名前:  J・Sさん(男性)

地図読み講習会基礎編 にご参加

ガイド日程:2015/4/4

P1150137.jpg

地図を確認しながら歩く

その節は大変お世話になりました。
 
他社の講習会にも参加していますが、ガイドさんの昔話が長くて(笑)
肝心の実技が少なかったりとか、大人数のため馴染めていないと思われる人がいたりとか残念な面があります。
 
今回の講習会は実技メイン、少人数制で大変理解しやすかったです。
 
この講習会を機会に1/25000地形図を多用しています。
地形図と照らし合わせ先を読みながら行動する楽しさを実感しています。
 
また機会がありましたら他の講習会へもご参加頂ければと思います。
 
ありがとうございました!

滑落停止の練習はドキドキでしたがとても楽しかったです<Y・Nさん(女性)>

お名前:  Y・Nさん(女性)

雪上技術訓練 in 富士山 にご参加

ガイド日程:2015/2/28-3/1

P1140889.jpg
雪面に広がって雪上訓練
 

P1140902.jpg
参加者の皆さんと
 

この冬、雪山デビューしました。
野中さんのweb教室の動画を見てピッケルを買い、持ち方も知りました。

一度しっかり訓練を受けてみたいと思い参加を決めました。
雪訓が受けられ、あこがれの冬の富士山にも行けて、しかも冬季に山小屋に泊まれるなんて、一石三鳥!
結果、webでしか会えなかった野中さんにもお会いでき、そのほっこりしたお人柄も嬉しく、一石四鳥でした。
キャーキャー叫びながら雪の斜面を滑り、それでも教えていただいた通りピッケルを使えば止まる、ということが体験できました。
滑落停止の練習はドキドキでしたがとても楽しかったです。
後日GWの立山で、歩き始めにみんなで滑落停止の練習をしました。
直後アイゼンを引っかけて滑った仲間に、「落ち着いて。ピッケルだよ。」で無事停止。
練習が役に立ちましたし、周りが慌てず言葉をかけることも大切とわかりました。

少人数の講習を受けられた事は大変有意義でした<M・Mさん(女性)>

お名前:  M・Mさん(女性)

雪上技術訓練 in 富士山 にご参加

ガイド日程:2015/2/28-3/1

P1140892.jpg
滑落停止の練習中
 

富士山では大変お世話になりました。
富士山の広い斜面で、少人数の講習を受けられた事は大変有意義でした。

あの後、4月に唐松岳、GW開けに燕岳に行きましたが、どちらも雪が少なくて残念。
次のシーズンは厳冬期の雪山に行ってみたいです。
あとは、夏の穂高にも行けるようになりたいですねー。
どちらもぜひ野中さんのガイドで!
その際はよろしくお願いします。

初めての雪山でしたが、すごく楽しかったです<M・Iさん(女性)>

お名前:  M・Iさん(女性)

ダイヤモンド富士トレッキングツアー にご参加

ガイド日程:2015/2/11

P1140867.jpg
ダイヤモンド富士を待ちながら、温かいスープでブレイクタイム
 

DSC_8722.jpg
富士山をバックに集合写真
 

初めての雪山でしたが、すごく楽しかったです。
少し滑る感じも楽しくなりますし、雪景色が一層綺麗でした。
体力的にもまだまだ大丈夫ですね!
あと、みちさんも三脚もって写真頑張っていたり、ガイドさんが一緒に楽しんでくれるのがお客さんにとってもより楽しいポイントだと思います( ´ ▽ ` )ノ

リクエストは景色が綺麗なツアーや、雪山もそうですが、鎖場とか1人や初心者同士では行けそうにない場所にチャレンジできるツアーがあったらうれしいですね。
女子は景色に弱いです!
山中湖位の距離で日帰りできるとなおいいですね。
また、ツアー参加しますのでよろしくお願いします^_^

たくさんのことが学べ充実した3日間でした<S・Yさん(男性)>

お名前:  S・Yさん(男性)

雪山テント泊体験ツアー にご参加

ガイド日程:2015/1/10-12

20150111_145652.jpg
例年より多く、雪に覆われた森
 

P1140714.jpg
坪庭と南八ヶ岳方面の展望
 

20150112_114923.jpg
北横岳山頂からの展望
 

みちさん
雪山テント体験ツアー、ありがとうございました。
雪山テント初体験でしたが、みちさんのおかげで安心して過ごせ、たくさんのことが学べ充実した3日間でした。
雪に埋もれた(落ちた?)のはよき思い出です(笑)
誰もいない雪山で過ごすのは贅沢な時間ですね。

講習会を通して感じたことですがテントの設営場所についてはどこにでもテントを張れるため、風や木からの落雪など周辺環境を見て場所を選ぶのは難しいと思いました。

またトレースがないと想像以上に時間がかかり体力を消耗しました。
事前の行動計画や目標地点に到達していなくても早い段階での引き返し、積雪を予測してのコース変更が重要だと感じました。

さらに雪山では一面真っ白で目印がないためトレースがないと登山道が全くわからなくなり先頭を歩いたときには迷いました。
改めて地図読みがいかに重要かを実感しました。
少しずつでもしっかりと勉強したいと思います。

実際経験してみて雪山は楽しいですが、その反面リスクも大きいと感じました。
しっかり経験と知識をつけてチャレンジしていきたいです。

雪の蓼科山登頂はみちさんのツアーでリベンジ出来ればと思います!!
またよろしくお願いします。

雪山の醍醐味を存分に実感することができました<K・Hさん(男性)>

お名前:  K・Hさん(男性)

雪山テント泊体験ツアー にご参加

ガイド日程:2015/1/10-12

P1140657.jpg
一日目晴天の中、雪の森を進む
 

P1140654.jpg
テント装備を背負って進む
 

P1140676.jpg
雪に覆われたテントサイト
 

雪山登山はすでに数回の山行経験がありましたが、今回は雪中テント泊初体験を、ということで参加させていただきました。
装備的には、テントを共同装備とし、炊事道具と食材、スコップなどをパーティーで振り分け、ザック重量は推定19㎏ほどでした。

例年を大きく上回る積雪状況の中で、北横岳から亀甲池へ下りテント泊という当初の予定を変更し、竜源橋でワカンを装着して、トレースのない登山道を天祥寺原のテントサイト(といっても、樹林帯の任意の場所ですが)まで3時間ほど行動後、雪をならしてテント設営、サイト整備(トイレ設置など)、そして水作りから夕食へと、初日から様々な経験を積むことができました。

翌日は5時起床、水作りから朝食、アタック装備を準備して8時出発のタイムスケジュール。
蓼科山山頂を目指し、地図読みを重ねながら3時間半ほどラッセルで尾根筋を目指すも、標高差にして頂上から150m(?)ほどの沢筋の雪量に圧倒されて敗退・・・と、絵に描いたような雪山登山が楽しめました。

ちなみに下山日 を除く2日間の行動中、確認できた登山者はわずかに一人だけで、カモシカの方が多かった?!(笑)
そんなマイナールートらしい雪山の醍醐味を存分に実感することができました。

LISのツアーは何回か参加しておりますが、今回は特に実践的なあれこれを高い密度で経験することができ、何と言いますか、今後の雪山での活動展開の可能性をある程度見通せるような手応えがあり、大変嬉しく思っております。
毎度、お世話さまでした!

急激にステップアップしました!!<Y・Sさん(女性)>

お名前:  Y・Sさん(女性)

山の歩き方講習会 にご参加

ガイド日程:2014/11/22

20141122_112422.jpg
黄葉真っ盛りの登山道

20141122_125036.jpg矢倉岳山頂からの富士山

20141122_125826.jpg
山頂で記念撮影

野中さん、こんにちは。
先日の矢倉岳ではお世話になりました。

あの講習会から、急激にステップアップしました!!
あれから、高尾山、金時山、仏果山・高取山の縦走、筑波山と登りましたが、あまり疲れることなく、とても気持ちよく登れるようになりました!

特に筑波山は岩がゴロゴロしているため、とても苦手な山で、何度登りに行っても、納得ができる登山はできませんでした。
登りは、どんなに頑張っても登頂までに2時間はかかっていたのに、先日は30分もタイムが縮まり、1時間半で登頂することができました。
苦手な下りも、講習会で姿勢を正すことの大切さを教えていただいてから、恐怖心もなくなり、スムーズに下れるようになりました!

また、登山の翌日は大腿四頭筋の筋肉痛に悩まされていましたがそれもずいぶんと改善されました。
下りで親指がシビレてくるのも悩みの種でしたが、講習会で教えていただいた「足の裏をまんべんなく使う」ということを意識してから、不思議とシビレはなくなりました。

講習会に参加して本当に良かったです!!
ありがとうございました!

来年も、登山を楽しみながら少しずつステップアップしこうと思います。
また、お会いできることを楽しみにしております。

屋久島の森も満喫しつつ、充実した楽しいツアーとなりました<S・Gさん(女性)>

お名前:  S・Gさん(女性)

屋久島縦走トレッキングツアー にご参加

ガイド日程:2014/11/1-3

P1140130.jpg
紀元杉から登山スタート
 

P1140151.JPG
淀川沿いの紅葉
 

P1140159.JPG
ロープを使って岩場を超える
 

P1140172.jpg
2日目稜線を縦走中
 

DSC_8037.JPG
奥岳の縦走路
 

P1140216.JPG
早朝、静かに縄文杉と対面
 

DSC_8102.JPG
ウィルソン株
 

DSC_8067.JPG
森の中で立ち止まる
 

DSC_8119.JPG
苔に覆われた森
 

DSC_8103.JPG

 

私はこれまで屋久島に2回行っていますが、まだ縄文杉を見た事がありませんでした。
どうしても日帰りで行く気にはなれず、いつか縦走して見にいこうと取っておいたのです。
そのため、LISでツアーの募集をみた時、やった~!と思ったものの、登山を始めたばかりで経験が浅く、未知の行程に対して自分の技量が見合っているか判断し兼ねていました。
私にとって屋久島の山は、登りがキツいうえ根っこ道が歩きにくくシンドイという印象です。
今回のツアー行程は2泊3日の縦走なので、あの根っこ道を10キロの荷物を担いで歩けるのかが非常に心配でした。
また、屋久島は営業小屋がないため、その点も初心者にはハードルが高いと感じていました。
そのため、ツアーの申し込みをする前から、みちさんには装備についてや、私が歩けそうかなど、事細かくイロイロ相談に乗ってもらいました。
忙しいなか、私の細かい質問にも何度も丁寧に返答をして下さり、心配性の私としては、本当に有り難かったです。
納得するまで相談でき、「大丈夫だと思いますよ」とお墨付きも頂いたので、安心してツアーに参加することが出来ました。

当日、九州は天候が悪く、鹿児島ー屋久島間は条件付き運行で、集合時間に間に合わない可能性があり、ヒヤヒヤしました。
なんとか集合時間に間に合いましたが、心配性の私は集合時間に間に合わない事まで考えて、その場合は安房に一泊し、翌日早朝にタクシーで登山口まで行って、合流しよう(!)とまで考えていました。
しかし、みちさんは遅れた私たちも参加できるようにと、いざという時は予定を変更して、みんなで安房に泊まって翌朝タクシーで登山口までいく、という状況も考えていてくれていました。
私は非常に驚きました。
こんなにも融通の利くツアー(ガイドさん)はないんじゃないかと...。
みちさんが大事にしている「楽しんでもらいたい」っていう気持ちがすっごく伝わってきましたし、臨機応変に対応できる思考の柔軟さが、みちツアーの醸し出す安心感につながっているのだなぁ、と思いました。
今回のメンバーは私も含めて5人。
皆さん気さくな方ばかりで、和やかな雰囲気のチームになりました。
登り始めはゆっくり行きます、との言葉通り、スタートから30分は超スローペースでした。
歩き始めは、元気で気持ちが高揚している分サッサカ歩きがちですが、バテない為には暖機運転が必要とのこと。
なるほど、前回の私の歩き方は、周りに煽られてペースが速かったのだと気がつきました。
ゆっくりのっそり歩くなか、私はコッソリ、みちさんをまねして猫のように静かに歩く練習をしていました。
これから3日間、先生が前にいるので歩く練習にはもってこいです。
歩く以外にも、山で気をつけなくてはいけない事を学ぶいい機会になりました。
みちさんは休憩も多く、30分から小1時間に一回は休んで水や行動食を取るよう言います。
寒がりで動くと汗っかきの私は、ウエア調整が忙しいのですが、いつもいいタイミングで脱ぐ時間を取ってくれました。
みんなに迷惑になると思ってしまい、脱ぎたくても脱ぐと言いにくいので、ツアーでのこういう配慮は本当にありがたかったです。

今回、3連休中のツアーという事もあり、淀川、新高塚小屋は満員でした。
特に、新高塚小屋は超超満員で通路や土間にまで人が寝ているような有様でした。
テントがある人達は小屋泊を諦めて雨の中テントを張っていましたので、テント場もいっぱいでした。
私達は宮之浦岳が強風で長居出来なかったため、予定より早く小屋に到着することが出来、寝床を確保出来ましたが、1時間遅かったら危ないところでした。
しかし、みちさんはこんな状況も考えていて、テントを担いで来てくれていました。
また、邪魔なザックをクライミング用のロープとカラビナで柱から吊るしてくれ、ゆったり寝れるようにしてくれたのは本当に助かりました!
これが、一人で来ていた時だったらと思うと...みちさんが居てくれて、本当に心強かったです。

今回ツアーに参加して嬉しかったことがありました。
この前のGWに一人で宮之浦岳をピストンした時は、きっつくて、帰りは超バテてしまって大変だったのですが、今回の縦走は余裕があった事です。
ストックも必要ありませんでした。みちさんから教えて貰った歩き方や、呼吸の仕方がマスター出来た訳ではないですが、意識して取り組んだ成果が感じられて物凄く嬉しかったです。
山を歩くとはこういうことか、とやっと実感できたように思います。
どのガイドさんに頼んでも、目的地まで安全に連れて行ってくれるでしょう。
でも、みちさんは私にとって「山の師匠」ですから(勝手にすみません...)、歩き方、休憩の取り方、ペース配分、ウエアの調整、地図読み...山の歩き方を屋久島で実地練習しているかのよう。
私にとって、これまで参加したみちさんの講習会、ツアーの総まとめ・おさらいのようで、屋久島の森も満喫しつつ、充実した楽しいツアーとなりました。本当に有難うございました。

楽しい山登りとなり、写真もたくさんとれました。<M・Iさん(女性)>

お名前:  M・Iさん(女性)

北アルプスの歩き方・燕岳 にご参加

ガイド日程:2014/9/26-27

DSC_7072.jpg
燕岳から槍ヶ岳

P1130618.jpg燕岳山頂へ

燕岳の写真ありがとうございました。
写真を見ていて、燕岳に登れた時の本当にうれしかった思いが再現しました。
お礼を、文章にするのは難しいですね。
 
燕岳をほとんどつらいと思わずに楽しい思いだけで登れるというのは、すごく感動でした。
初めて野中さんのツアーに参加した時の大野山は、足がつってすごく辛くて、楽しい!!なんて思えなかった山登りから始まったのですよね。
どこに登りたいか尋ねられた時、何の気もなく、燕岳に登って燕山荘に泊るのが夢と、野中さんに言ったのが始まりで、少しずつ夢が目標になってついに登れた時の思いは、忘れられません。
 
また、目標に向かって、少しずつレベルアップしていただいたおかげで、本当に楽しい山登りとなり、写真もたくさんとれました。
野中さんのツアーでご一緒した方に、別のツアーの話をお聞きしたことがあり、「登りも下山時も辛くて休憩時も写真を撮っている時間がなかった」と伺っておりましたので、覚悟して登ったのですが、結果はまったく違いました。
 
ツアー自体の時間設定もありますが、登るまでの事前準備も大切と感じました。

今の今も余韻に浸りまくりで溺れそうです<A・Sさん(女性)>

お名前:  A・Sさん(女性)

イチフジ2Days にご参加

ガイド日程:2014/8/21-22

P1040029.jpg
森を抜けると素晴らしい展望が!

P1120730.jpg
ご来光直前の山頂の様子

こんばんわ、みちさん!
イチフジでお世話になりましたA・Sです。
発熱吹っ飛ぶ程の楽しすぎる富士登山ができた事、本当にありがとうございます。
だいぶ日にちが経っているのですが今の今も余韻に浸りまくりで溺れそうです。

イチフジで出逢った景色、参加された方々、辛さ...全てがかけがえないもので一生物の想い出になりました。
富士山を通してお金では買うことできないたくさんの幸せを感じる事ができて幸せすぎます。
野中さん本当にありがとうございました
野中さんに出逢え幸せです!
あれからブログもHPもかぶりつく程読ませてもらってます。
山に対する想いを知り、涙出そうになります。
その際は私の滑稽な下山姿を思い出すのです。

また野中さんに会うため、富士山に会うためイチフジか海フジ参加します!
毎年参加したい程です。
これからもブログ等楽しみに読ませて頂きます。
長々と綴ってしまいました...ありがとうございました♪

富士山の様々な魅力の一端を目の当たりに。<S・Kさん(男性)>

お名前:  S・Kさん(男性)

イチフジ2Days にご参加

ガイド日程:2014/8/21-22

P1120677.jpg
いざ1合目から出発!

P1120756.jpg
山頂での記念撮影

野中様

この度は、1合目からの須山ルートでの富士山ご案内、ありがとうございました。
素晴らしい天気にも恵まれ、また富士山の様々な魅力の一端を目の当たりにすることができ、大変有意義な富士の山旅でした。

他の山々とはいろいろな条件が異なる2日間でしたが丁寧にガイドして頂き、また準備段階から何かと教えて頂き、お陰様で無事富士登山を完結することができました。
私にとっては大いなる記念です。

ネット記載の細かい注意・アドヴァイスも参考になりました。
ハイドレーション使用による小まめな水分補給、睡眠時の鼻孔拡張テープの使用、出発数日前から運動をやや控えめにし体力温存、はとても効果的だったと思います。

取り急ぎ御礼まで申し上げます。
皆様にもよろしくお伝えください。

益々のご活躍をお祈りいたします。
またご縁がありましたらよろしくお願いいたします。
S・K

お鉢めぐりが、あんなに楽しかったことは久しぶりの経験でした。<T・Mさん(男性)>

お名前:  T・Mさん(男性)

イチフジ2Days にご参加

ガイド日程:2014/8/21-22

P1040048.jpg
一緒のグループの皆さんと

P1120788.jpg
砂走りを駆け抜けるMさん

ミチさま

おはようございます。
毎日、アルプス、富士山、八ヶ岳と歩き回っていることと思います。
尊敬している、ガイドさんの一人ですので頑張ってください。応援しています。

今回の富士山(イチフジ)は、思った以上に楽しかったです。
須山口登山道良かったです。
ウミフジでも下山しましたが、今回もまた発見がありました。
改めて、「にっぽん百名山」のDVDも見て感動が更に増えました。

大砂走りもはしゃぎ過ぎで満足でした。
一番は、終始晴天に恵まれたことが最高だったと思います。
お鉢めぐりが、あんなに楽しかったことは久しぶりの経験でした。
LISツアー最高だと感じました。
ありがとうございました。
また、タイミングが合えば参加させていただきたく。
レンさん、カツさんにもよろしくお伝えくださいませ。
T・M

My dream to be at Fuji san could become true
 <K・Iさん(女性 From Germany)>

お名前:  K・Iさん
   (女性 From Germany)

1合目からの富士山プライベートガイド
 にご参加

ガイド日程:2014/08/6-8

DSC_1408.JPG

8合目からご来光を望む

 

Dear Mr. Nonaka,

Thank you very much, my dream to be at Fuji san could become true. Many thanks for your very good organization of the whole tour to Fuji san. To stay at the 8th station during sunrise is a very good decision. although the weather should be better. I am very happy for the extraordinary gift of the wonderful views and the sunrise.
Mr. Makino is a very good guide. His kindness and taking care for us, let me feel comfortable and sure through the whole time.

The best wishes to you and Mr. Makino. All your dreams will come true!

Many thanks

富士山のイメージがガラッと変わりました。<S・Sさん(女性)>

お名前:  S・Sさん(女性)

イチフジ3Days にご参加

ガイド日程:2014/7/27-29

DSC_6553.jpg
登頂を喜ぶSさん

P1120456.jpg
宝永山の稜線を歩く

みちさん

富士山は登るより見る方が素晴らしい!!という人が私の周りで多かったので、最初は機会が有れば行ってみよう位な感じだったのが正直なところでした。
今回みちさんのツアーに出逢って、富士山のイメージがガラッと変わりました。
富士山は登っても眺めても素晴らしいお山です!!

1日目から脱水状態となり、両膝がつるハプニングに見舞われたり例に漏れず頭痛に襲われたりしましたが、最後までご一緒させていただけたのも受け入れてくれた富士山とみちさん始め今回一緒に歩いてくださったメンバーさん皆のおかげです(*´-`)

富士山ほど登らせてもらってるという感じが他の山以上に大きい山は無いですね!!
下界に降りてもしばらく良い意味で心がザワザワしてました。

3日間この大きな力の中で自分自身と向き合う事が出来たのも私にとっては宝物です。
さすが日本一!!
富士山に行くなら大変だけど1合目から♪
来年も行きたいな~

71歳初めての富士山登山お世話になりました。<M・Sさん(女性)>

お名前:  M・Sさん(女性)

イチフジ3Days にご参加

ガイド日程:2014/7/27-29

DSC_6554.jpg
山頂の鳥居で記念撮影

DSC_1338.jpg
奥宮の前で全員集合

DSC_6587s.jpg
林床に咲くイケマ

ミチ様

71歳初めての富士山登山お世話になりました。
お陰様で、孫のMともども楽しい3日間有り難うございました。

goodタイミングの休憩・呼吸法・ウエアの調整・水分補給のアドバイスで高山病にもならず富士山を楽しめました。

富士山の自然にも豊富な知識で説明が分かり易く引き込まれました。
山小屋もゆったりで最高でした
(ツアーで行った人から互い違い寝ると聞いていたので)

富士登山事前講習会では実際のウエア等の相談・歩き方の講習があり、安心して富士登山にのぞめました。
富士登山DVDも、富士登山経験豊富なアドバイス(体調管理・事前準備等)があり、役に立ちました。

私にとってはどれも大切な情報でどれが欠けてクリア出来なかったと思っております。
レン様にも宜しくお伝え下さいませ。

機会が有れば又参加したいです。
その時は宜しくお願いします。

こちらのツアーならではの判断だったのではと感じました。<M・Hさん(女性)>

お名前:  M・Hさん(女性)

イチフジ3Days にご参加

ガイド日程:2014/7/27-29

DSC_6497.jpg
森林限界を抜けて雲の上へ

DSC_6528.jpg
2日目ご来光を浴びる

DSC_6581.jpg
3日目山小屋からのご来光

ノナカさん、レンさん、一緒に登った皆さま、3日間お世話になりました。

富士山には登ってみたい、でも登頂なんて登山経験も少なく体力に自信の無い私には絶対無理、高山病も心配だし...と思い、1合目から5合目くらいで軽くハイキングできるコースを調べていました。
そして今回参加させていただいたイチフジ3Daysに出会ったわけです。
お天気には恵まれましたね。

出発前日に富士山山頂の天気を調べたら2日目と3日目は悪天候の予報、さらに1日目の宿泊先の宝永山壮から見えた吊るし雲(でしたっけ?)、これからお天気がくずれる前兆と聞き少し心配でした。
でも結果3日間とも雨に降られることは無かったですね。
ご一緒した方と「みんなの日頃の行いの成果かもね~」とつぶやいていました。

今回参加したことで自分のことで気づいたことがあります。

「人の歩く速度にあわせるのが不得手なこと」
「ほかの人より足の運びが遅いこと」

最後尾についている機会が多く、歩き始めてしばらくすると、どうしてもグループから離れてしまいます。
今後の課題です...でも、大砂走りは「いままで猫かぶってた?」と言われるほど奇跡的に早く走れましたよ。
とにかく登頂できたのではこのツアーに参加できたからだと思っています。

歩き方、靴の履き方、レイヤリング、水分補給、栄養補給、高山病などなど...きめ細かいアドバイスありがとうございました。
2日目、富士宮コースを登山中、強風のため危険ということで、急きょ御殿場コースに変更されたのも、こちらのツアーならではの判断だったのではと感じました。
またご一緒させていただけると嬉しいです。

手も浮腫まなくなり、疲れ方も違う気がします。<Y・Hさん(女性)>

お名前:  Y・Hさん(女性)

山歩きトレーニング講習会 にご参加

ガイド日程:2014/7/6

DSC_1302.jpg
歩き方のレクチャー中

DSC_1326.jpg
塔ノ岳山頂での記念撮影

野中さん

いつもツアーに参加する度に歩き方の指導もしていただいておりましたが、いまひとつコツがつかめずにいました。
7月の夏山トレーニング講習会では、歩き方に集中でき、特に難しかった下りの体重移動のコツがつかめた感じで、以来山に登っても筋肉痛に苦しめられる事が無くなったように思います。

また、水分摂取の大切さと摂取量の目安もとても勉強になりました。
それまで、少し登るだけでパンパンになっていた手も浮腫まなくなり、疲れ方も違う気がします。
本当にこの講習会に参加して良かったと思い、感謝しております。

ただ、歩き方についてはまだしっかり身体が覚えたとまではいかず、本当に身に付くには、繰り返し登っていないと駄目だなあと思います。
また機会がありましたら参加したいと思います。

Y・H

今回もたくさん勉強させていただきました。<C・Sさん(女性)>

お名前:  C・Sさん(女性)

山歩きトレーニング講習会 にご参加

ガイド日程:2014/7/6

DSC_1307.jpg
大倉尾根の階段を上がる

P1110903.jpg
道端のヤマオダマキ

野中様

おはようございます。Sです。
昨日の塔ノ岳での夏山トレーニングでは大変お世話になりました。
今回もたくさん勉強させていただきました。
ありがとうございました。

長い行程と階段の連続でしたが、歩き方のご指導に加え、歩行ペースと適度に休憩をとってくださったおかげで、噂より辛く感じず、下山後もいつもの山行より膝の痛みが出ませんでした
(いつも駅の階段を降りるのがつらいのですが(笑)、昨日は全然平気でした!)。
重心移動は普段の歩き方でも気をつけたいと思います。

次のツアーは好天となる奇跡を願いつつ...
それではまたどうぞよろしくお願いいたします。

C・S

一気に青空が見えてきたときは、待って良かったと本当に感激しました。<N・Hさん(女性)>

お名前:  N・Hさん(女性)

南アルプス・北岳トレッキングツアー にご参加

ガイド日程:2014/6/28-29

P1110673.jpg
雨宿りを兼ねてカレーうどん!

P1110695.jpg
山小屋までもう少し

P1110706.jpg
2日目朝雲がとれました!

P1110765.jpg
稜線に咲くミヤマダイコンソウ

P1110715.jpg
展望の稜線を歩く

P1110783.jpg
ショウジョウバカマ

P1110748.jpg
下山中に記念撮影

今年から本格的に山に登り始めた私にとって、ひとりであちこち登るのは中々難しく、良いツアーがないか日々チェックする中で、このツアーとの出会いがありました。
初めての北岳、いえ初めての南アルプス、登る前から非常に楽しみにしていました。

今回の楽しみは、もちろん登山そのものもでしたが、ちょうどシーズンを迎えたキタダケソウを見ることと肩の小屋でいただけるというワインです。

前日の27日に集合し、宿泊した南アルプス温泉ロッジは広くて快適で、気持ちよく当日を迎えることができました。
1日目の小雨が降る中での登り始めは、比較的心地よい涼しさで、気持ちよく登ることができましたが、想定していたよりも急登。

でも、野中さんの程良いペースでそれほどつらくはありませんでした。
雨足が強くなり始める中、無事に初日の目的地・肩の小屋に到着。
小屋に近付くにつれて現れたしゃくなげの花が本当にきれいで、疲れも忘れて写真を撮っていました。

この日は開山日ということで、夕食時の飲み物がサービス。
楽しみのひとつだった冬を山で越したという有名な赤ワインを堪能。
本当にまろやかで美味しいワインでした。

翌朝、早めに起きたものの、強烈な暴風雨...。
正直、山頂とキタダケソウはお預けかもと思いつつ、しばらく小屋で待機。
そしてギリギリまで粘った確か7時頃、雨も収まり、一気に青空が見えてきたときは、待って良かったと本当に感激しました。

準備をし、登り始めて約1時間で山頂到着!
雲の動きが激しく、下界は見たり隠れたりでしたが、朝の天気を思えば、来れただけでも幸せ。
そして、キタダケソウとのご対面です。
この時期にこの場所でしか見れない貴重な経験。
野中さん、無事に連れていっていただき、本当にありがとうございました。
一緒に登った女性陣もみなさん健脚。一緒に登頂できでよかったです。

下りの最後は正直少しへばり気味でしたが、結果的に無事に登頂し、キタダケソウを見て、ワインもいただけて、目標達成できました。

北岳は日本で2番目に高い山だけあって、登り甲斐がありました。
また、来年も行けたらいいなと思います。
できれば、次回は間ノ岳まで縦走してみたいと思っていますので、野中さん、ツアーでよろしくお願いします。

写真を沢山撮ることができました。<M・Fさん(女性)>

お名前:  M・Fさん(女性)

南アルプス北岳トレッキングツアー にご参加

ガイド日程:2014/6/28-29

P1110728.jpg
念願の「キタダケソウ」に会えました

P1110801.jpg
雪渓を下る

富士登山西丹沢を野中さんにガイドをしていただき夢の北岳も安心できるガイドさんと登りたいを思いましたので迷うことなくツアーに申し込みをしました。
メールマガジンで定期的にツアー情報を更新してくださるので、マメにチェックをしていました。
久しぶりの登山だったので不安もありましたが、ゆっくりペースで登っていくので初心者でも安心できます。

食事もおいしく、開山祭のため山小屋越冬赤ワインのサービスもあり、大満足でした!
翌朝は大雨でしたが、ネットで雨雲の動きを確認し、登山開始時間を適切に判断してくださったので雨に濡れることなく2日目は登頂、そしてこの時期にしか見ることができない「キタダケソウ」を見ることができました。
途中高山植物の話や、遠くに見える山の名前、歩き方の指導などをしてくださったので、登山をしながら沢山のことを学ぶことができました。
これもガイドさんと登山をする楽しみの一つです。
少人数で登山ができることも魅力の一つで、普段出会えない人とゆっくりお話をすることができたり、他の山の魅力を聞くことができたり、野中さんのツアーに参加される方はみなさん素敵な方ばかりなのでそれも魅力的です。
十分に写真を撮る時間もあり、お気に入りの草花の写真を沢山撮ることができました。
また機会がありましたら別のツアーに是非参加したいです。
ありがとうございました。

2日間丁寧に指導して頂き有り難うございました。<K・F さん(男性)>

お名前:  K・Fさん(男性)

残雪の富士山登頂と雪上技術訓練 にご参加

ガイド日程:2014/04/26-27

P1100967.jpg

他の参加者と一緒に(山頂の鳥居にて)

 

2日間丁寧に指導して頂き有り難うございました。
滑落停止方法はこれからも練習してマスターしますね。
天候に恵まれ(個人的には悪条件を希望?)快適に登頂でき翌日から登山してます。
 
雪山テント泊を体験でき自分の財産にしたいと思っています。
設営、テント内の寒さ、シュラフの選び方が分かりました。
料理本当に美味かった。
ホワイトアウトを体験できたのも良かったです。
 
2日間みちさんをずーっと見てました。
色々、盗んじゃいましたよ。
 
今度どこかの山で会ったら握手してください。

今回の富士登山は大変お世話になりました。<Y・T さん(男性)>

お名前:  Y・Tさん(男性)

残雪の富士山登頂と雪上技術訓練 にご参加

ガイド日程:2014/04/26-27

P1100957.jpg

他の参加者と一緒に(7合目付近にて)

 

今回の富士登山は大変お世話になりました。
おかげさまで無事下山できました。
 
雪山テント泊は初めてでしたがキャンプ自体は楽しめました。
しかし、共同装備の重量に慣れておらず、登り始めから間もなくバランスを崩しがちで皆さんのペースに追い付いていけませんでした。
 
先週は1週間仕事が忙しく毎日遅かったため、コンディション作りに失敗したためバテ気味での入山となってしまい、皆さんに多大なるご迷惑をお掛けしたことを心よりお詫び申し上げます。
 
雪山富士は私にはまだ早い?というより遅すぎたかなと思っています。あと10年早く始めておけば良かったなという感想です。
 
しかしながら、無事登頂できたことと下山できたことは野中さんのご指導と皆さんの御尽力のお蔭と心より感謝申しあげます。
 

厳冬期に近い状態を体験できてよかったです <Y・Nさん(男性)>

お名前:  Y・Nさん(男性)

天狗岳 -雪山初級講習 にご参加

ガイド日程:2014/4/19-20

P1100867.jpg
稜線からの下山中の一コマ

お久しぶりです。
去年の天狗岳ではお世話になりました。
たった二人の参加者でしたので、野中さんの声の届く範囲に常に居ることができ良かったです。

滑落停止等いろいろ教わりましたが、実際に身に着くにはもう少し慣れが必要と思います。
悪天候で西天狗には行けませんでしたが、4月というのに、厳しい条件の厳冬期に近い状態を体験できてよかったです。
特に、森林限界を超えると吹き飛ばされそうなほど強い風が吹いており、寒さも厳しく、アイゼンも効きにくいといういい経験をしました。

夏山登山と違って注意を要する所や逆に楽しめるところなど盛り沢山でした。<Y・T さん(男性)>

お名前:  Y・Tさん(男性)

天狗岳 - 雪山初級講習 にご参加

ガイド日程:2014/04/19-20

P1100855.jpg

天狗岳山頂にて

 

雪山の本格的登山は初めてでしたが、夏山登山と違って注意を要する所や逆に楽しめるところなど盛り沢山でした。
 
楽しめた点
 1、滑落停止訓練は練習が必要ですが、その練習そのものは楽しかったです。
 2、グリセード、シリセードを教わりました。自分にはグリセードはまだ無理
 
勉強になった点
 1、雪上での登り下りの歩き方の基本
 2、滑落停止
 3、雪上でのルートの取り方。雪崩を起こす原因となるルートの取り方
 4、自分の歩行癖が解り、その対策が解ったこと。
 5、装備の使い方。
 
急斜面や岩場などアイゼンを装着した状態での歩行に慣れていないせいか、肉体的よりも精神的に疲れました。
西天狗に行けなかったのは残念ですが、次の機会に制覇したいと思います。
 
Nさん(※)とも知り合いになり楽しい山行でした。
 
※他の参加者の方

今まで消化不良だったことが、大分消化できた気がします。<T・I さん(男性)>

お名前:  息子さんとご参加のT・Iさん(男性)

初心者の登山・山歩き入門講座 山の歩き方講習会 にご参加

ガイド日程:2014/04/13

P1100792.jpg

大楠山山頂に到着!

P1100798.jpg

山頂の菜の花畑

我々親子は2年前から登山を始めました。
自分達で本やネットを参考に勉強しながら、続けてきましたが色々と解決できない問題点がありました。
 
 ・下山時に必ず膝が痛くなる。
 ・バランスを崩すことが多い。
 ・階段が多いと足をつりやすい。
 
どれも、本やネットに情報はありますが読むだけだと分かりずらく、実践してみても「これであってるのかな?」と今一つ自信が持てませんでした。
子供に「良い登り方」を自信を持って教えてあげることができず悩んでいました。
 
しかし、実際に目の前で実演してもらえると、「あ~そうだっんだ」や「誤解してた」、「やっぱりこれで良かった」と今まで消化不良だったことが、大分消化できた気がします。
講習会が終わってから、あれも聞いておけば良かった…と思い残すことはありますが…
しかし、やはりメールで質問するより直接説明を聞き実演してもらうほうが、理解しやすく誤解がないことが、実感できました。
是非また講習会に参加させて頂きたいと思います。
 
会社の仲間と話をしても、親子での登山は中々難しいと思っています。
親が登山好きでも、子供が嫌がるケースが多いようですね…
(我が家は子供から、山に行きたいと要求されました。)
逆に子供が興味を持っても、親が面倒に思うようです。
親が子供に「自然から学んで欲しい」という気持ちを持てるような、目的意識を持てるようでないと、厳しいですね…
 
今回の講習会は、子供も喜んでいました。
二人だけで登っていたので、大勢で登るのは新鮮だったようです。
帰りの車でずっと話をしていました。
あれこれ、言葉による説明だけで詰め込む講習ではなかったことも良かったようです。
座学の講習会は覚えきれずに、嫌がっていますが、「体験しながら」というところが、息子も気に入っていました。
ただ、理屈が難しく理解できていないことは、いくつかあったようです。
 
要望というか、リクエストは一点だけ…できれば、説明後実践中に参加者の歩き方をチェックして頂き、改善点などのアドバイスを頂けると、なお良かったと思います。

わかりやすく丁寧な講習を、ありがとうございました。<A・Kさん(女性)>

お名前:  Y・Sさん(女性)

初心者の登山・山歩き入門講座 山の歩き方講習会 にご参加

ガイド日程:2014/04/13

P1100816.jpg

前田川沿いの遊歩道を歩く

「山の歩き方講習会」に参加しましたKです。

13日は、わかりやすく丁寧な講習を、ありがとうございました。

登り始めのハプニング(※)では、返って勉強になりました。
予定のルートに入れないという事態もあるんですよね。
地図にはあるのに・・・以前と同じとは限らない・・・など一人歩きでは肝に銘じておこうと。

今回は
「里山のようなところは逆に迷いやすい、、」
「のっぺりした尾根から反れて片側が斜面になっていることから、、」
といった一言一言が実体験と相まって、しっかりと心に刻まれていきました。

歩き方ももちろんですが、今後の山歩きにとても参考になりました。
(正に机上ではなく、実践ならではです。)

今年の募集ツアーや講習会、参加してみたいものがいくつかあります。
体力度1.5くらいなら大丈夫かなぁ・・・(^^;
スケジュール的になかなか厳しいのですが、機会がありましたら、
またよろしくお願いします。

※以前通れた箇所が通行出来なくなっていたため、迂回して歩きました。

今回の涸沢で山がもっと好きになりました。<Y・Sさん(女性)>

お名前:  Y・Sさん(女性)

紅葉の涸沢トレッキングツアー にご参加

ガイド日程:2013/10/4-6

DSC_4289.JPG
涸沢は紅葉のピークを迎えていました

DSC_4310.jpg
紅葉をバックに記念撮影

DSC_4371.jpg
最終日、徳澤で朝からソフトクリーム!

DSC_4425.jpg
河童橋からの風景

初心者向きの低山にやっと慣れてきたばかりの私が、「涸沢ツアーに参加するのは早いかな」、「もう少し体力を付けてからの方がいいかな」、参加を決めるまで、実は 結構迷ったんです・・・
でも、野中さんのツアーだったらなんとかなるかも!
思い切って申し込みをしました。

ツアー2日目、宿泊先の山小屋 横尾山荘からいよいよ目的地の涸沢へ。
登りの途中から傾斜がキツくなり、体力のない私にはとても辛いものでした。
「こんなところに来るんじゃなかった」
「もうウチに帰りたい」
ネガティブな気持も出てきましたが、野中さんやツアーの皆さんから「頑張って!」「あともう少しだから!」叱咤激励されながら必死で登り、やっとの思いで涸沢に到着。

そこには、今まで登ってきた山とは比べものにならない絶景が広がっていました!!
辛かった分、感激や達成感はひとしおで、思わず涙がこぼれました。

登りで大分体力を消耗した私は、下りでは更に苦労をしました。
そのため、スケジュールより大幅に遅れが出てきましたが、登山中 野中さんから一度も もう少し早く歩くように言われませんでした。
それどころかペースをグッと落とし、休憩も多めに取って下さりました。
山小屋の到着予定時刻は13時。
到着したのはなんと、18時!

足の遅い私に合わせて下さったために、これだけの遅れが出てしまったんです。
他のツアーだったら絶対にブーイングです(笑)

ところが、ツアーの皆さんはとても優くて、「よく頑張ったね!」「お疲れさま!」
そんな労いの言葉を、沢山かけて下さりました。
優しいガイドさんのツアーだと、参加者まで優しいんですね!
涸沢は今の私のレベルでは、かなりハードルが高い場所ではありました。
それでも、苦労をしながらも、なんとか行くことができた理由はいくつかあります。

同じ山小屋に連泊。
朝早い出発でゆとりを持ったスケジュール。
ゆっくりとしたペース。
野中さんが初心者の目線で考えて下さったプラン だったからこそ、涸沢に行くことができたんです! 実は去年の今ごろ、私は初心者向きどころか、入門者向きの低山でさえ登ることができませんでした。
「登山は私には向かないみたいだ。もう諦めよう・・」
そんな時、偶然 野中さんの存在を知り、藁をも掴む思いで、昨年12月 一緒に矢倉岳に登っていただきました。

あの矢倉岳から、山がとても好きになりました。
そして、今回の涸沢で山がもっと好きになりました。
野中さんは、私に登山という新しい世界観を与えて下さり、更に今回の涸沢ツアーで、大きな扉を開いて下さりました!
野中さん、本当にありがとうございました!
そして、ツアーに参加された皆さん、体力のない私を労り、様々に気を使って下さって本当にありがとうございました!
涸沢ツアーは私にとって一生の思い出になりました!!

また富士山に登りたいと思っています。<Y・S さん(女性)>

お名前:  Y・Sさん(女性)

富士山ガイドツアー のんびり登頂コース
 にご参加

ガイド日程:2013/8/22~24

P1080924.jpg

天候悪化の予報のため、2日目は早朝に登山開始!

P1080929.jpg

雲が多い中、ご来光が見れました!

P1080966.jpg

全員登頂&無事下山の後、他の参加者の皆さんと

お陰さまで登れました。
今年の初夢が富士山。
何か良いことがある予感はしましたが自分が富士山に登るとまでは思っていませんでした。

歩くことを定期的にしているわけでもない私が、「富士山に行く?」と長女からの電話で富士山に登ることになりました。

不安でいっぱい「キャンセルなんてできないなぁ…」と思いながら登山用品を次女と一緒に買い揃え、6月泉ヶ岳に登りに行きました。

天候にも恵まれ、春蝉の声が響き渡り、たくさんの高山植物に迎えられて、外反母趾が心配でしたが無事に登ることが出来ました。

8月初めには予行演習に北泉ヶ岳と泉ヶ岳を歩きました。
10時、新しい靴を履き、重いザックを背負い、「富士山は本当に登れるかな?もっともっと高いんだよね?」と不安に思いながら歩き続けました。

山道沿いには山百合、升麻が迎えてくれ励ましてくれているようでした。
16時無事に下山。少し自信がつきました。
それでも、毎日歩いてるわけじゃないし大丈夫かな…と当日まで不安でした。

そして当日、外反母趾とマメが心配でした。
5合目から見えた富士山は高くそびえ私を待っていました。
とにかく足が痛くならないようにすること、迷惑をかけないで終了することを念じて一歩一歩歩き始めました。
なおさんの足元を見ながら歩きました。
去年も富士山に登った夫は余裕。

途中外反母趾が少し気になりましたが、なおさんにパッドを貼ってもらい、歩き方を教えてもらい、一歩一歩歩いた結果たくさんの人たちに支えられ無事に登頂できました。

帰ってきて、一歩がいかに大切か、自信を持って事に当たることも大切だと感じました。
人を見極めてプランニングしていただき、奇跡の晴れ間に道しるべを示してくださったみちさんに感謝いたします。

また富士山に登りたいと思っています。
山小屋も初めて、何もかも初めてで、2回のご来光、宝永山の稜線、素晴らしい輝きの雲、素晴らしい七合目からの早朝の街の灯りと雲海、出発時の眺望、海、江の島、大島と目に焼き付き忘れることができません。

去年は夫が会う人ごとに富士山に登った話をしていたので、 「奥さんも登ったんですか?」と聞かれ私は留守番ですと答えていましたが、今年は二人で登山しましたと言えます。

本当にありがとうございました。

⇒ ガイドツアー・講座の開催スケジュール・空き状況はこちら

 

 


ツアーに関するご相談、お問合せはこちら

 

  • 登山ガイドが教える初心者・入門者向けweb教室

登山動画、無料公開中!

初心者向け入門講座

スノートレッキング

雪山講習・ツアー

富士山ガイド・総合情報

プライベートガイド

八ヶ岳ガイドツアー

屋久島ガイドツアー

  • 決定版!富士登山を100倍楽しむ70の心得 登山ガイドが徹底解説DVD

”山登り”への想い

野中 径隆 のなかみちたか
(LIS代表・登山ガイド)

プロフィール
ブログ

サポート企業

LISの活動をご理解頂き、サポート頂いています。

  • パタゴニア

  • イワタニ・プリムス

著者

 

著者: 野中径隆
michi@natureguide-lis.com

 

リンク集