今もあの風景はまぶたに焼き付いています<N・Hさん(女性)>

今もあの風景はまぶたに焼き付いています<N・Hさん(女性)>

お名前:  N・Hさん(女性)

南アルプス・北岳トレッキングツアー にご参加

ガイド日程:2015/10/3-5

PA041549.jpg
山麓の黄葉

PA041663.jpg北岳

PA041646.jpg
間ノ岳山頂にて

PA041670.jpg
北岳山荘から北西方面の夜空

今回北岳トレッキングツアーが2泊3日になったことにより、思い切って参加させていただきました。

ツアーに参加することを決めてから1か月。
自分なりにトレーニングをしたつもりでしたが、本当に大丈夫なのか少し心配でしたが、野中さん、直さんが常に一定のペースでリードして下さったおかげでつらい思いをすることなく、楽しく登山が出来ました。

今回は登頂することが目的、お天気や眺望は二の次と思っていましたが、2日目に素晴らしいお天気の中、北岳から間ノ岳の稜線を、鳳凰三山、八ヶ岳、仙丈ケ岳、甲斐駒ケ岳、そして富士山に見守られながら歩くことができ、今もあの風景はまぶたに焼き付いています。
おかげで登りたい山が一気に増えてしまいました。

そして、夜、寒い中山小屋の外に出て見た、満天の星。
あんなにきれいな天の川を見たのは初めてでした。

また、3日目の北岳登頂は、一転して秋のアルプス登山の厳しさを実感するものでした。
夜明け前の暗い中、ヘッドライトを頼りに、強風の中ツアーの最後尾を歩いていた私は、心細ささえ感じていましたが、あたりがだんだんと明るくなっていき、やがてご来光。
そして山頂へ。
短い時間でしたが、太陽のありがたさ、小さな一歩の積み重ねなど、さまざまなことを感じることが出来ました。
個人で行っていたら、山頂へは登頂できていなかったと思います。

当初初対面の方ばかりだったツアーも2泊3日を一緒に山で過ごすうちに、お互い励ましあい、思いやり、ファミリーのような連帯感が生まれました。
それもLISのツアーならではです。

登りより、下りが苦手な私は、北岳山頂からの1600メートル続く下りが不安でした。
しかし、結果として最後まで自分でも驚くくらい元気に歩くことが出来ました。
1日目からの歩き方、休憩の取り方、ウエアリングなど小さなこと1つずつの積み重ねがあってのことと実感できました。

こうして私にとっては挑戦だった北岳も野中さん、直さん両ガイドのおかげで楽しく登ることが出来ました。
ありがとうございました。

また、次の目標に向かって、楽しみつつ、レベルアップできるよう頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

⇒ ガイドツアー・講座の開催スケジュール・空き状況はこちら

 

 


ツアーに関するご相談、お問合せはこちら

 

 

  |