家族・友人はとても驚いていました<K・Mさん(女性)>

家族・友人はとても驚いていました<K・Mさん(女性)>

お名前:  K・Mさん(女性)

5合目からの富士山プライベートガイド にご参加

ガイド日程:2015/8/6-8

DSCF7173.jpg
山頂の鳥居をくぐる

DSCF7196.jpg
河口湖口6合目まで下山

 

野中様、藤田様

富士登山では大変お世話になりました。
お陰様で登山後、希望どおりに娘家族と一緒に河口湖の温泉を楽しむこともでき、うちに帰ってからも息子家族に登山の自慢話もできました。

家族・友人は、登山経験少ない私が登頂成功した上、頂上縦走して登り口と反対方向に下山したことにとても驚いていました。

友人の中には、富士登山途中で体力尽きて登頂を断念した話なども聞きまして、私はとても幸運だと思いました。

ガイドさんのおかげで登れたと深謝しております。
登る時の息の仕方から、歩き方、飲み物の種類、飲むタイミング、登山ウエア―の適切な身に着け方、リュックの使い方等など・・・こういうのを、「手取り、足取り」というのですね。
なにせ、リュックを担ぐなんて、この時、まだ2回目ですので、いろいろな接合部の付けはずしは、まるで知恵の輪並みでした。

富士宮口からの登りは大きな岩や石、の斜面、ひたすら登っていると、「雪渓ですよ。」と言うガイドさんの言葉かけ。
地面ばかり見ていた私は心も目も洗われ、「あの音は雷様です。私たちのいるところより下で鳴っていますよ。」
私はちょっと怖かったけれども、富士山の大自然を感じました。

富士スバルライン5合目への降りは、砂交じりの砂利道、教えられた通りに一生懸命歩きました。
風で褐色の砂ほこりが顔に、まるで、日焼けした色のお化粧のように着きました。
後で鏡を見て笑ってしまいました。

降りの6合目と5合目の中間ぐらいで力尽きそうになった時、ガイドさんが私の荷物をしょってくださいました。
申し訳ないと思いましたが、「身体を壊すと後が大変ですよ」との言葉に甘えました。
まだまだ書き足りないのですが、お陰様でとにかく楽しかったです。

帰ってからも、情景が思い出され一人でにっこりしています。
本当に、ありがとうございました。

⇒ ガイドツアー・講座の開催スケジュール・空き状況はこちら

 

 


ツアーに関するご相談、お問合せはこちら

 

 

  |